山本和昌の詐欺犯罪を支えてきた投資会社の実態と仲間たち

裏切り者に怯える山本和昌!逮捕へのカウントダウン 「犯罪と分かっていても逆らえず、言われたことをやらざるを得なかった。」そうかつての山本和昌の仲間は告白する。 山本和昌 を頂点に組織された犯罪組織は、山本和昌の強欲が原因で仲間割れし、新たな局面に入ったといえる。…

UDXヒラハタクリニックの評判とは裏腹に遺伝子治療してもガンは悪化し死んだ

糾弾でも告発でもなく、ある一人が経験した事実 勘違いしてほしくないのですが、これから述べることは、決してUDXヒラハタクリニックの医学博士である平畑徹幸氏が疑わしいだとか、不正を告発するだとか、そういう類ではないということです。 憎いか憎くないかと問われれば、正直いって憎いです。悔しいです。だからこそ、私と同じような悔しい思いをする方が、一人でも減って欲しいと願い、今回、こうして記事にしてもらいました。…

井原陽一の融資詐欺被害者激増中「借金消すの甘い罠で借金地獄に」悪いのは山本和昌?

借金がなくなったはずの被害者は更にひどい借金地獄の中に? 「投資で大きく儲けよう!」と親しい知人に声をかけられたAさん。儲け話に乗るどころか、そもそも、未だ完済のゴールも見えない借金があった。しかし、その知人は不思議なことを言うのだ。 「借金なんて消してやる!」…

大月市議会員の相馬力よ産廃不法処理物隠蔽をやめないのであれば議員を辞めよ!

2015年7月、山梨県大月市で市議会議員の選挙が行われた。 市議会委員といえば、市政を司る重要な役割を担う人々だ。 選挙で選ばれる、人に仕える身ではあるものの、 その給与は税金で支払われ、またその身分も手厚く保護される立場であるがゆえ、 人の鏡となるような人間であるべきであろう。 しかし、少なくとも今回選出された市議会議員の、相馬力なる人間は、 まったくもって、税金で飯を食わしてもらうに値するような人間ではない。…

丹下幸男は救世主?被害者証言と告発サイト検証で実態露呈

下記の記事の元となる記事は、丹下幸男及び日本お助け隊の代理人となる弁護士より、事実無根・誹謗中傷との指摘を受け、削除の要請を受けました。様々な情報提供者や被害者の方々は記事化を期待して情報提供に協力してくれたのではありますが、弊社の目的は誹謗中傷ではありません。たとえ真実の報道であっても、無用に人を中傷してしまうようなことがあっては、不本意であるゆえ、弁護士からの削除要請を重く受け止め、第三者となる識者の意見を採り入れ修正いたしました。 注) …

【日本地方新聞協会声明】言論弾圧に屈せず国家権力や反社会的勢力等と戦う

日本地方新聞協会の声明 日本地方新聞協会会長 冨田正敏 自民党の若手議員らが立ち上げた勉強会「文化芸術懇話会」で、講師が講演会後に、沖縄県の地元紙に関して「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない」と言論弾圧とも取れる発言を行った。…

日本お助け隊の記事削除に至る経緯と誹謗中傷に関しての見解

日本お助け隊関係者には大変ご迷惑をお掛けしました 先日、日本お助け隊の丹下幸男の代理人と称す弁護士より削除要請を受け、一旦、記事を削除することを決定しました。日本お助け隊で、この件には関係のないであろう方々にお詫びを申し上げると同時に、また弊社より報道されることを期待して、日本お助け隊や日本お助け隊の丹下幸男に関する情報提供を頂いた方々、告発を頂いた被害者の方々にも、全記事削除という対応に至ったことを、お詫び申し上げます。 全記事削除にいたった最大のきっかけ…

みずほコーポレート銀行の巨額損ぎりが発覚!コーワリースで不良債権隠し

平成3年8月23日「旧日本興業銀行」みずほコーポレート銀行は神奈川県伊勢原市と秦野市にまたがる山林、原野、雑種地、田、畑に235億円もの巨額融資を青木建設絡みで実行した。 24年前の不正融資だ。 興銀、富士、第一勧銀3行合併以前の融資である。当時からとかく噂の絶えない問題企業の青木建設である。…

ソフトバンク孫正義が慌てて米国永住権取得する本当の理由と韓国政府の恐ろしき計画

韓国は「韓国籍として登録されている在日韓国人89万2704人帰化人(二重国籍)34万5774人」と詳細に把握している。 民主党元代表菅直人政権の時代に韓国政府による在日全員の韓国戸籍が作られた 。韓国国内法では韓国人を親に持つ場合〃在日が何処で生まれようが自動的に韓国国籍が付与される。日本で二重国籍状態の在日が日本国籍を選んでもそれは日本政府の話しで〃韓国政府から見れば相変わらず二重国籍状態…

「新右翼一水会」への抗議は右翼の仲間割れでなく左翼への抗議?

前代未聞の珍事?一水会本部に街宣車が集結?! 2015年4月某日、新宿区高田馬場に本拠地を構える新右翼、一水会に、多くの右翼団員が結集し、街宣活動を繰り広げ、現場は騒然とした。 街宣車を覗きこむ木村三浩氏 写真提供:流石 かねてから一水会に対して、ある右翼団体が街宣活動をしていたものの、この日は一水会に街宣活動をしている右翼団体に賛同した多数の右翼団体が合流し、今までよりも更に大きな規模での街宣を繰り広げられている。…

防衛秘密の名のもとに迷走する防衛医大とふざけた人事

また防衛医大では国民をバカにした人事が行われた。 所沢の3次医療を担う救急部の教授選で救急医学会専門医も指導医も無い方、T氏が選出されたのだ。 大学病院では有り得ない人事だ。 決してT氏が無能だと言うわけではない。ただ、防衛医大を、医大という観点からみれば、ありえない人事だという意味だ。…

及川幹雄逮捕で寄生虫芋づる逮捕?怯える寄生虫・刑事たちwww

警視庁岡島は及川に接待されていた? 今、及川幹雄逮捕で、周辺者がビクビク、ガクガク、ブルブルでおしっこちびって、夜も眠れないという。 というのも、及川が全てをばらしてしまうのではないか、そうなれば、自分たちも逮捕されてしまうほど、悪いことを散々してきたからだ。 悪いことととは、とどのつまり、及川からさんざん金をむしっていたのだ。 事情通によると及川幹雄ががじられたのは、判明しているだけでも合計2億7千万円だという。…