社会問題

慶応の能なしボンボンに犯される防衛医大

ぜひあなたの情報をお寄せください

ありがとうございます!

情報提供の方法をお選びください

デクノボウ慶応スタッフの存在意義

11_p-520x245防衛医大は歴代、慶応の学長、多くの慶応の教授から支えられていた。
初代教授や学長は、我が国を先導する立派な医師たちであった。
2代目、3代目は、一部2流以下とも言えるスタッフが増えてきた。
指導が全く出来ない教官たちである。

今では教授まで2流以下人事が横行している。

慶応のポストを防衛医大の中に維持するためだけの方々である。

そのため、防衛医大が設立され、40年が経ち、学長は防衛医大卒でいいのではないかという者が出てきた。

防衛医大卒が慶応にいじめられる

furimuku 慶応閥の防衛医大閥の粛清が始まった。教授選では、明らかに優秀な防衛医大卒の候補者は、パワハラにさらされ、慶応閥の学長の権力で落とされた。循環器内科外科が最たる例だ。地域の医師たちは、新教授の能力の低さに落胆し、救急医療のネットワークから除外した。症例の少なさも有り、大学病院初の学会研修施設認定を外される危機にさらされている。地域医療担当者、救急医療担当者の不満は爆発している。
学内の優秀な防衛医大出身者も数々のパワハラにさらされている。

役立たず慶応ののさばりは国民資産の無駄遣い

20130701200251ef0

国家一議員への陳情も相まって、情報はいきわたったようであるが、
防衛省の医師のトップ大臣官房衛生監も慶応の出身だ、防衛医大の闇は続く。
学内の制服教官の人事も明らかな不適人事が横行している。防衛省内の医官の高官人事も、低能医官から先に昇進していく。慶応閥の優位を保つ作戦だろうか。
慶応閥の私利私欲と国税の無駄使い。もはや防衛省の問題ではない。

大学スタッフ、病院機能の部外評価と好評を。

ぜひあなたの情報をお寄せください

ありがとうございます!

情報提供の方法をお選びください

Tags

国際新聞編集部

ただただ謙虚な姿勢でありのままのことをありのままに伝えることこそ、 ジャーナリズムの本来のあるべき姿。 それを自覚はしているものの、記者も血の通った人間。 時にはやり場のない怒りに震えながら、 時には冷酷な現実に涙しながら、取材をし、 全ての記事に我々の命を吹き込んだ新聞を作っています。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

記事は気に入っていただけましたか?

あなたがご利用のSNSをクリックして、この記事に対する評価、感想、「いいね」「シェア」をお願いします
何もせず続きを読む

Send this to a friend