防衛省の医官人事の矛盾

優秀な医師が自衛隊病院をどんどん離れていく
優秀な医師が自衛隊病院をどんどん離れていく

自衛隊の病院長はいわば防衛省内の重役である。 さぞかし立派な人格者と皆思うだろう。  自衛隊中央病院長は、地方の自衛隊病院の院長として勤務する中で、部下の優秀な医官が相当数退職した。 いわば、カリスマ性の無い医師だ。 なぜこんな医師がどんどんと出世するのか、誰もが不思議な印象を持っている。 医師としての業績も無く、感覚もゆがんでいる。  自衛隊岐阜病院長は、地方の自衛隊病院の院長として勤務する中で、数々の不倫癖から部下が退職し、 示談の不成立から市ヶ谷勤務の着任が遅れた方だ。  他にも上げれば切が無い。  こんな高官人事の選抜が、こんな具合だ。まともな医師は防衛省から去ってしまう。 公務員人事の堕落の最前線といえる。根本的な人事の刷新が必要かも知れない。

 退職OBさまよりご寄稿いただきました

あなたの情報をお寄せください!

記事に関係した告発はもちろん、悪を糾弾するための情報、
 あなたの正義の叫び告発がある方は、国際新聞社をご利用ください。
>>編集部にこっそり連絡するならこちら<<

Hits: 583

国際新聞社編集日誌

国際新聞社の編集部員による編集日記です。編集部の舞台裏から身近な話題まで気が向いたときにですがゆるめにお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Back to top button

あなたの情報をお寄せください!

記事に関係した告発はもちろん、悪を糾弾するための情報、
 あなたの正義の叫び告発がある方は、国際新聞社をご利用ください。
>>編集部にこっそり連絡するならこちら<<
close-link
Send this to a friend