医療問題

防衛医大の機能停止~悪の根源、管理担当副校長~

ぜひあなたの情報をお寄せください

ありがとうございます!

情報提供の方法をお選びください

全国にある医科大学80。中でも防衛医科大学校は、特殊な構造だ。医師でもないキャリアー官僚が管理担当副校長として君臨する。実際は各官公庁の老年キャリアーのゴミ捨て場だ。本省で役に立たず、扱いに困る方々の最終ポストだ。税務署長、警察署長など、医科大学の副校長としては、似つかぬ経歴の方々。事務官の高位ポストは、ダメおじさんのご褒美ポスト、2年いれば退職金が倍増だ。

昨今、この管理担当副校長が自分の権力をかさに、防衛医科大学校の事務機能を停止させ、実質のストライキ活動の先陣を切って防衛医科大学校、防衛省医療の機能停止を計っている。なぜか学校長も制止できない。事務が停止を武器に学校長も脅されるわけだ。

市ヶ谷防衛省の医師のトップ、大臣官房衛生監もこの暴走を止められない。

防衛医大の機能停止~悪の根源、管理担当副校長~ 1
非効率な過剰なまでの事務作業、研究や診療には似つかない背策を学校全体に押し付けている。権力だけを持った医療に無知な、異文化人がこの学校を崩壊に導いている。

防衛省の医官退職、防衛医大の機能停止。組織による自浄は不可能。税金による防衛医科大学校、効率化にむけた部外評価を。

悪の根源、管理担当副校長の罷免と廃止を行おう。

by 医師会OB

ぜひあなたの情報をお寄せください

ありがとうございます!

情報提供の方法をお選びください

Tags

国際新聞編集部

ただただ謙虚な姿勢でありのままのことをありのままに伝えることこそ、 ジャーナリズムの本来のあるべき姿。 それを自覚はしているものの、記者も血の通った人間。 時にはやり場のない怒りに震えながら、 時には冷酷な現実に涙しながら、取材をし、 全ての記事に我々の命を吹き込んだ新聞を作っています。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

記事は気に入っていただけましたか?

あなたがご利用のSNSをクリックして、この記事に対する評価、感想、「いいね」「シェア」をお願いします
何もせず続きを読む

Send this to a friend