メンズエステ「アロマモア」オーナー田中蓮が研修で強姦!野放しのからくり

Hits: 531

メンズエステ「アロマモア」において、オーナーによる応募者への強姦事件が発生した。強姦したのはオーナーの田中蓮だ。
実際は風俗業にも関わらず、女性ウケをするような単語で健全さをアピールして女性従業員を応募。採用した女性を、研修を口実に密室に監禁し、自分がいかにすごい人間であるかといった洗脳を施し、最終的に避妊具も付けずに強姦に及ぶという悪質極まりない手口だ。
強姦したのは田中蓮であり、強姦された時間も場所も明らかだ。被害女性はその後に助けを求めて警察に駆け込んだものの、警察は逮捕しないどころか被害届けも受け付けず、逆に被害者に対してアナタが悪いと追い返されてしまったという。(なお、この警察の対応に関しては事後、警察も間違いを認め、被害者に謝罪をし、現在は田中蓮の検挙に動いているという)
強姦犯の田中蓮は自ら経営するメンズエステ「アロマモア」の違法性をはっきり認識しながらも、法律を、税務署を、そして警察をあざ笑うからのように今もまだなお、堂々と営業し続けている。
こんな理不尽なことが法治国家の日本において許されて言い訳がない。今、弱みに付け込まれ、泣き寝入りするしかなかった田中蓮の強姦被害者たちの悲しみと苦しみと執念が田中蓮を逮捕に追い込み、そしてアロマモアの検挙へ追い込もうと動きだした。

メンズエステ「アロマモア」オーナー田中蓮が研修で強姦!野放しのからくり

風俗店ではないという言葉を信用した

今、メンズエステ「アロマモア」に女性応募者が殺到していると言う。一日に3,4人。一週間を通じて15人から20人ほどの面接があるという。このご時世、コロナ禍での収入激減、生活に窮してといったのが多くの人の応募の理由だ。
仕事を失った人、仕事の給料が下がり、家族のために生活費を稼がなければならない。それぞれが厳しい生活の中で、すこしでも多くのお金を稼ぎたい、そんな女性たちを惹きつけるかのように、メンズエステ「アロマモア」の求人広告は次のような言葉が踊っている。「業界トップクラスの待遇」「オプション料金100%フルバック」「勤務地は駅チカの高級マンション」。
「アロマモア」のホームページを見ると、はっきりと「風俗ではない」と謳っている。労働条件が良さそうなこと以上に、「風俗ではない」という言葉を信頼して、多くの女性が応募してくるのだ。
性的なサービスはしたくないけども、少しでもたくさんのお金を稼ぎたい、そんな多くの女性が願う労働条件が「アロマモア」にはあるだろうと、期待を持ってしまうのであろう。

メンズエステ「アロマモア」オーナー田中蓮が研修で強姦!野放しのからくり

面接研修で知らない場所に次々と連れ回す

「アロマモア」のセラピストの募集を見た被害者A子さんは、ラインを通じて申込をすると、大久保にあるYESマートの前で待ち合わせするように指定されたといいます。指定された日時のそこの待ち合わせ場所に行くと、そこからその近くのマンションに連れて行かれ、そこで面接となりました。その後、採用するから研修が必要だということで、日を改めて、また別の場所に来るように言われます。そしてその研修場所こそ、強姦被害の現場となる。
後日、そうした場所を改めて調べてみると、どれもお店のホームページには店舗として紹介されていない場所だった。誰のマンションなのか、なんのためのマンションなのか、今となってはわからないものの、事情通によると、こうして多くの場所を連れ回す、また密室をりようするのは、犯罪組織が被害の足取りをたどりにくくしたり、また被害者側が被害を立件するのを困難にするために、よく使用される方法だといいます。

研修場所にヤクザ出現?スマートロックで監禁

研修場所にやってきたのは、のちの警察官が「反社だろう」と言わせしめるほど見るからに怪しい風体の人物だった。黒いマスクに、黒いサングラス、アクセサリーをジャラジャラつけた金髪。自らヤクザとは名乗らないものの、誰が見てもヤクザそのものだ。採用後の研修を担当するというのがそのヤクザな「アロマモア」なオーナー、田中蓮だった。
ヤクザな風体のオーナーが現れ、恐怖を感じたものの、被害者A子さんは「怖いから」という理由でその場から逃げ出すわけにもいかない状況だったという。さらに恐ろしいことに被害者A子さんに「この部屋はスマートロックによって施錠を管理している」「田中蓮がもっているスマートフォンがないと施錠できない」と説明したといいます。つまり被害者A子さんはは田中蓮しか解錠できない密室に監禁されてしまったのだ。

メンズエステ「アロマモア」オーナー田中蓮が研修で強姦!野放しのからくり

研修はひたすら性的接待の強要

前日まで、マッサージ師の資格どころか、施術の経験も無い自分に、リラクゼーションのマッサージができるのだろうか?本当にセラピストとして働けるのだろうか?という不安とともに迎えた研修であったが、その時はそんな心配よりも、ヤクザに監禁された状態でこれから自分のみに何がおきるのか?そんな不安のほうが大きくなったという。そして研修がはじまると、その不安はどんどんと現実の物となっていく。
「アロマモア」は「風俗ではない」と説明していたはずなのに、研修が始まった途端、いきなりマイクロビキニを差し出され、着るように強要させられたといいます。
そしてその後は、ひたすらお客を射精させる方法や男性客を性行為で引き止める方法、そして客に性的なサービスを要求させる方法の説明だった。いや、そもそも、そうした風俗的なサービスをするはずではなかったのに、そうした事をするように仕向けているのであるから、これは説明とかではなく、洗脳と言うべきだろう。
ひたすら気持ち悪く、早く終わって欲しいとただ、それだけを思いながら、三時間近くにわたって、研修を受け続けたと言う。

メンズエステ「アロマモア」オーナー田中蓮が研修で強姦!野放しのからくり

実習の最期は中出しするぞと脅迫強姦

研修の話が一通り終わり、沈黙がしばらく続く。やっと開放されるかと思ったら、田中蓮が無言で身体に触れてきたと言う。その時の様子を、被害者は次のように語る。「明らかに普通な様子ではなく、一人でテンションが高くなっていて、異様に怖かった。」違法な薬物でもやっていたのだろうか。ヤクザな風体で、薬物使用が疑われるような状態の田中蓮を前に、被害者のA子さんの身体は硬直してしまった。これ以上、何も起こらないでほしい、そう、運を天に任せる以外、なかった。しかし、天はA子さんを味方してくれなかった。
マッサージ実習のはずが、後ろから胸に手を回してきて、指先で乳首をいじり始め、その後、ビキニをずらして乳首を指先で触ってきたと言う。やめてくださいと声を振り絞って抵抗すると、力付くでベッドに押し倒され、逃れようとするも、田中蓮の力の方が圧倒的に強く、また覆いかぶさるような体勢だったので、逃げるどころか、自分の意志通りに身体を動かすのも難しかったと言う。
ひたすら触り回され、舐め回されて、最期には田中蓮は性器を被害者A子さんの陰茎に挿入してきたといいます。しかも、もちろんコンドームといった避妊具を装着せずです。婚約者がいる身の女性が、初対面の男性に密室で力付くで犯されることを喜ぶ人なんているはずがありません。誰がなんと言おうとこれは、レイプであり、強姦です。嫌がっていると精液を膣内に出すぞと脅してきたものの、精液は腹部に出されたといいます。

メンズエステ「アロマモア」オーナー田中蓮が研修で強姦!野放しのからくり

病院にそして警察に駆け込む

強姦されて開放された彼女がまず心配したのは、婚約者や自分の家族のことでした。こんなことがバレたら、どうなってしまうのだろう。自分の身の回りの人のために、すこしでも多くのお金を稼ごうと思って行動したことが、こんな結果になってしまう。そんな時の彼女の悲しみ、混乱状況を想像できるであろうか。
警察に相談したらそのまま、婚約者や家族に報告されてしまうのではないか?もし妊娠していて、田中蓮の子供を宿してしまっていたら。そんな心配から、まず病院に行って妊娠しないクスリを処方してもらい、それでから、警察に助けを求めに行く。
自分が望まない性交を無理やりされた、それがレイプであり強姦という犯罪であるはずだ。しかし、対応にあたった刑事は、なぜか冷たい。まるで被害者A子さんに落ち度があるかのような口ぶりだったと言う。
普通に考えれば、風俗店ではないメンズエステにおいて性的サービスを提供していることからして、アロマモアが、そしてそのオーナー田中蓮が責められるべきで、さらに性的な研修をしていることは、二重三重に犯罪を犯していることでもある。なによりも、田中蓮がA子さんの意に反して性交をしたことは、間違いない事実だ。誰がどう見ても田中蓮が悪者で、A子さんが被害者だ。
しかし、刑事はまるで田中蓮の擁護をするかのように「そんなのは叫んで逃げることができただろう」と突き放し、田中蓮は反社かもしれないぞと、暗にA子さんを脅しつけて被害届も受け付けずに追い返してしまったといいう。

メンズエステ「アロマモア」オーナー田中蓮が研修で強姦!野放しのからくり

アロマモアが違法営業だというこれだけの理由

たしかに表向きは「風俗店ではない」として、風俗店ではないように装っているものの、アロマモアでは性的サービスを提供している。そのことに関してオーナーの田中蓮も認めているし、そもそも田中蓮は従業員に性的サービスをやるように自ら主導して教育も行っている。
よって本来、必然的に風俗を営業してはいけない地域で風俗店を行っている風営法違反にも抵触している店舗も多数ある。ホームページ上で確認できる店舗は5店舗ほどであるが、実際は表には出していないものの、店舗として利用している場所が20店舗ほどあるという。
情報提供社によれば、2022年7月現在、実際営業していることが確認されている店舗のリストは以下の通り

  1. 東京都新宿区大久保1-1-11コントワール新宿204号室
  2. 東京都新宿区大久保1-1-45 新宿セントラルハイツ603号室
  3. 東京都新宿区新宿三丁目 コンフォリア新宿301、608
  4. 東京都新宿区新宿5-8-20 コンフォリア新宿 301号室、608号室
  5. 東京都新宿区新宿三丁目 ASPガーデン新宿402
  6. 東京都新宿区新宿5-8-23 ASPガーデン新宿 402号室
  7. 新宿南口 ガリシア代々木104
  8. 東京都渋谷区代々木2-18-4 ガリシア代々木 104号室
  9. 新宿西口 フォーキャスト西新宿704、705、805
  10. 東京都新宿区西新宿7-16-11 フォーキャスト西新宿 704号室、705号室、805号室
  11. 新宿歌舞伎町 エル・グランジュデ新宿503、604、701
  12. 東京都新宿区歌舞伎町2-45-6 エル・グランジュデ新宿503号室、604号室、701号室
  13. 東新宿 AXAS新宿TOWERS EAST504
  14. 東京都新宿区新宿7-25-2 AXAS新宿TOWERS EAST504号室
  15. 東新宿 コンフォリア東新宿ステーションフロント504、507、903
  16. 東京都新宿区新宿7-27-12 コンフォリア東新宿ステーションフロント 504号室、507号室、903号室
  17. 高田馬場 プレミヤパル高田馬場502、503、602
  18. 東京都新宿区高田馬場1-17-16 プレミヤパル高田馬場 502号室、503号室、602号室
  19. 恵比寿 プライムメゾン恵比寿304
  20. 東京都渋谷区恵比寿1-22-19 プライムメゾン恵比寿 304号室
  21. 日本橋 月村マンションNo.29-903、1001、1002
  22. 東京都中央区日本橋富沢町11-15 月村マンションNo.29 903号室、1001号室、1002号室
  23. 日本橋 ヴィークブライト日本橋 903号室
  24. 東京都中央区日本橋富沢町6-6

これらの多くは居住用物件であり、営利目的の営業行為は禁じられているはずだ。となれば賃貸契約違反もしていることになる。利用状況によっては消防法違反に抵触することもあるはずだ。
そしてこれらは、表向きはリラクゼーションサロンとして運営しているものの、実際は射精や性交を伴う性風俗サービスも提供しているとの情報も多数ある。
セラピストの宣伝用SNSアカウントの写真を見ると、性的サービスを伴わないリラクゼーションサロンだ!といって納得する人はいないだろう。

税金逃れのために報酬渡して名義借りで巨額脱税

月収だけでサラリーマンの年収分を稼いでいると豪語する田中蓮の収入は、多くの名義仮行為で成り立っている。
営業場所となるマンションの契約は、セラピストたちに金銭的な報酬を持ちかけ、セラピストたちの名義でマンションを契約させているという。そうした名義借り行為は、マンションの賃貸契約だけでなく、携帯電話やお店の名義人にもおよぶと言う。そうした他人の名義を借りて営業しつつも、収益は自分のところに入ってくるようにしているのは、アロマモアの売上を事業収入として申告しないで脱税できるようにするためだという。
そうした名義借りは前述したような、風営法違反や賃貸契約違反などの責任逃れもできるという副次的な効果もあり、アロマモア、そしてオーナーの田中蓮への刑事責任、および民事責任の追求をも困難にしているという現実もある。
なによりも、アロマモアが警察の取締や税務署の調査を受けた際、肝心な田中蓮には容疑が及ばずに、かわりに名義になっている人たちが逮捕されたり、追徴課税の負担を強いられる可能性も高い。世間の人々にしてみれば、そんな田中蓮に名義を貸した被害者たちも、自業自得だと同情もよせないであろう。そうした犠牲者の上であぐらをかいているのが田中蓮だ。

メンズエステ「アロマモア」オーナー田中蓮が研修で強姦!野放しのからくり

警察の失態でアロマモア田中蓮が高笑い

こうした様々な犯罪の疑惑があるなか、まさに田中蓮のレイプは、田中蓮を逮捕する絶好の機会であったはずだ。
それなのに、なぜ対応にあたった刑事は被害を受け付けなかったのであろうか?それどころではない、むしろ、アナタが悪い、相手は反社だから危険だと、まるで田中蓮をかばうかのような、そして被害者の女性を責めるかのような対応をしている。
歌舞伎町を管轄とする刑事たちは、違法店から接待を受けたり金品を受け取ったりと癒着することが多々あるとは、歌舞伎町の警察事情に詳しい事情通の弁だが、そうしたことがあったのではないかと疑いを抱くほど、今回の刑事の対応は不自然だ。実際その後に新宿署はその刑事の対応の不自然さを認め、謝罪している。
しかしながら、警察が事後であれ、はっきりとアロマモア田中蓮から被害をうけた被害者A子さんへの対応の間違いを認めた。警察が失態を認めたのだ!
そして被害者A子さんに対して、アロマモアの摘発、及び田中蓮の逮捕に向けて全力を挙げることを約束してくれたという。

メンズエステ「アロマモア」オーナー田中蓮が研修で強姦!野放しのからくり

顧問弁護のグラディアトル法律事務所も違法営業に加担?

メンズエステ「アロマモア」が他のメンズエステに比べて、インターネット上に悪い噂や口コミが圧倒的に少ない理由として、弁護士事務所と法人契約をしているからと田中蓮は説明しています。
実際、ホームページには、次のような一文がある

法的措置を講じる場合、当社顧問弁護士【グラディアトル法律事務所】にその対応を全て一任しております。違反が発覚した場合、刑事責任と民事責任が課せられる事となりますのでご注意ください。
引用元:アロマモア料金システム説明ページ
メンズエステ「アロマモア」オーナー田中蓮が研修で強姦!野放しのからくり

さらに、ご丁寧に所属セラピストの個人SNSアカウントのプロフィールには、「顧問弁護士【グラディアトル法律事務所】と書かれている

 「グラディアトル法律事務所」としては、たとえアロマモアの田中蓮から顧問料として金銭をもらっていたとしても、だからといって、アロマモアを盲目的に弁護していいというわけではないでしょう。本来、弁護士は弁護士法一条に定められているように、「社会正義を実現することを使命」としなければならないのです。
 一般企業でさえ、コンプライアンスを掲げて、反社会勢力を始めとしたいかがわしい関係の排除に向けて努力をしているというのに、弁護士事務所が、裁判の弁護を引き受けるというならならまだしも、月々弁護料をもらって、社会的に問題ある組織に積極的に協力、加担するのは問題があります。
 アロマモアのオーナーの田中蓮が、違法性をはっきり認識し、法の不備を突いて確信犯的に違法営業を続けているのですから、そうした社会正義に挑戦的な犯罪者である田中蓮とアロマモアの顧問弁護士を務めるということは、明らかに弁護士の使命に反するものです。
また、弁護士職務基本規程では品位を損なう事業への参加を禁止していて、名義を利用させてもならないとしています。
 アロマモアがグラディアトル法律事務所の名前を利用していることは、明らかにこの弁護士職務基本規程に違反した行為です。「グラディアトル法律事務所」が「アロマモア」の違法営業に加担しているといっても過言ではない!

メンズエステ「アロマモア」オーナー田中蓮が研修で強姦!野放しのからくり

田中蓮は元一流企業のエリートだった?

田中蓮はイケメンではないけども、言われて初めて「ああ、そういえばそうなかぁ」と思う程度に日本人ばなれした顔つきだ。しかし本人は母親がイギリスと日本人のハーフであるクオーターであることを自慢気に話すので、田中蓮に対して、初対面で印象を悪く思っている人が多いと言う。その上、Vシネマに出てくる典型的なチンピラのように、髪の毛を金髪にしたり、アクセサリーをジャラジャラ付けて着飾っているので、パッと見、危ない人以外の何物でもない。
そんなヤクザな風体ではあるが田中蓮は大卒でにリクルートに入社し10年間弱働いていたと言う。その後、同僚の会社の立ち上げに参画したものの、風俗好きが災いして自らがメンズエステをやることになった。現在の月収はサラリーマンの年収ほどあると豪語するが、それも、田中蓮の変態的なメンズエステ好きが為せる技であろう。田中蓮のメンズエステ好きは度を越していて、1000回以上メンズエステに通った、一日三回、四回メンズエステをはしごすることもあったと得意げに話すのを聞いた人も多い。
メンズエステにハマった理由は、運が良ければエステ料金で本番にありつくことができる、そのコスパ感だという。本番やりたければ初めからソープランドに行けよ思うのだが、安いメンズエステであわよくば本番に有りつけるという、歪んだエコ精神が、自らメンズエステを経営するにあたって、従業員の名義を使っての賃貸契約を始めとしたあらゆる名義借りする無責任な経営に結実していったのだろう。

メンズエステ「アロマモア」オーナー田中蓮が研修で強姦!野放しのからくり

アロマモアの事務所はディレクターズコンサルティング?

後日の調べで被害者女性がはじめに面接に連れられていった事務所は、合同会社ディレクターズコンサルティングの新宿事務所でもあることが判明した。
メンズエステ「アロマモア」を合同会社ディレクターズコンサルティングが運営しているのか、事務所を共同利用しているだけなのか、それはわからないものの、同じ部屋を使っていることからも、深い関わりがあることは間違いない。
その合同会社ディレクターズコンサルティングは、驚いたことに、業務提携パートナーとして株式会社ハーツインターナショナル、株式会社グローバルネット、株式会社テンカラットといった会社が挙げられていた。
メンズエステ「アロマモア」オーナー田中蓮が研修で強姦!野放しのからくり
ハーツインターナショナルとテンカラットはコンパニオンやモデル事務所だが、そうした会社と業務提携を結んでいる会社が、違法営業を行っているメンズエステ「アロマモア」の事務所を利用しているのは、コンプライアンスに反することではないのだろうか。
また、アロマモアの営業を行っている別の部屋では、合同会社グローバルシステムコンサルティングという会社が登記されている。この会社は、事業内容として事業内容 エステサロンの運営、コンサルティング、ネットショップの運営を挙げている。

インターネットに寄せられた田中蓮のからの被害

田中蓮は「グラディアトル法律事務所」と契約しているから、インターネット上の悪評が他店に比べて圧倒的に少ないと周囲に吹聴している。
確かに「アロマモア」の利用者による悪評は少ないようであるが、しかしアロマモアでセラピストとして働いた人からの悪評が散見される。しかも、その内容も強烈だ。
それら投稿は、発信者が明かされていないものの、その内容の具体性や、また実際に弊社が取材した被害者の証言と照らし合わせると、それらの投稿の信憑性は高いと言わざるをえない。

研修でセクハラやレイプされたという証言

たとえば、以下は今回の被害者A子さんがレイプされた際の状況と非常に似ている。

女性セラピストを採用、研修は田中蓮が1対1で実施します。女性セラピストへ研修と称して胸や乳首、クリトリスやまんこを触ったり自分のちんこをこすりつけてスマタをしてきます。断っても合意していると勘違いしてそのまま合意なく挿入してきます。ゴム無しで入れてきます。色んなメンズエステにも行くらしくそこでも本番するそうです。このままだと他にもたくさんの被害者が出てしまいます。立場を利用して研修と称した本番セックス被害者を防ぎたく書き込みしました。
自分は研修生に無理やり本番するくせに客には本番するな、抜きはやらないと人気でないとか言います。
入店したセラピストの本名や身分証明書の保管、契約書など何も提出しないで働くことができます。どうやって収入を申告しているのか?
引用元:通報!!メンエスセクハラ本番研修 アロマモア田中蓮

1年前くらいの話ですがわたしも本番講習というものを受けました。
断ると入店も拒否されるかと思い従うしかありませんでした。
その後写真をとりますが、わたしは写真が苦手で上手く取れませんでした。
なので次の日もあいてるマンション(東新宿)に呼び出され、写真とそういう行為をさせられました。
勤務中少しインターバルが長い時、LINEがきて「今からいってHしたいな」など、「ご飯いこう」など色んなお誘いがきました。
またマンションを新しく借りたいからと名義を貸してほしいといわれ、私の場合は勝手に架空人物を設定され私の名前で借りられてました。気づいて今すぐ解約しろと言ったらたくさん揉めてクビにさせられました。
そこの不動産の管理会社にやんわり伝えて今は退去できてます。
あまりもう関わりたくないですが、これ以上被害が出て欲しくないため書き込みしました。
引用元:通報!!メンエスセクハラ本番研修 アロマモア田中蓮

アロマモアオーナー田中蓮に研修中に本番ゴム無しSEXされたのは本当です
新宿警察が類似被害者を探しているのも本当です
同じ被害者が出ないように投稿してます
田中蓮の名誉よりも社会性が上回っていると確信してます
なので消さないでください
引用元:南関東版 アロマモア 新宿 検索結果

田中蓮から名義借りを迫られたという証言

以下は、田中蓮がマンションの名義借りを従業員に迫った様子だ。複数の書き込みがある。

5万でマンション名義になって欲しいと言われました。もちろん断りました
その時のLINEも残ってます。
引用元:通報!!メンエスセクハラ本番研修 アロマモア田中蓮

私もクソオーナーからマンション借りるお願いされました。
借りたら優先して出勤できるって約束したのに全然優先してくれないし揉めたけど、ほんと口ばっか。
色恋管理してセラピストに名義借りて騙して、名前貸してるセラピストさん目を覚ました方がいいよ。
警察にも住所バレてるからマンションの名義貸してる人から調べられてお金受け取ってたら風俗営業の場所貸しで幇助?してるみたいになって一緒に逮捕されたりするみたい。
私は早く解約してよかったよ。
引用元:通報!!メンエスセクハラ本番研修 アロマモア田中蓮

新宿署への被害届を促す書き込み

また、違法な闇営業をしているアロマモアの実態を知る上で、非常に参考になる情報もインターネットに公開され、警察への通報が促されている。

【氏名・企業名(ふりがな)】アロマモア オーナー 田中蓮(たなかれん)
https://aromamore.tokyo/
【住所】新宿区大久保1-1-11コントワール新宿204号室
【電話番号】
店舗電話番号
03-6233-7089
090-4654-7124
090-6988-0665

田中蓮の携帯番号
050-3748-9333
【年齢・生年月日】30代半ば
【性別】男性、茶髪、めがね、細身、全身脱毛
【職業・学校名】メンズエステオーナー
【内容】女性セラピストを採用、研修は田中蓮が1対1で実施します。女性セラピストへ研修と称して胸や乳首、クリトリスやまんこを触ったり自分のちんこをこすりつけてスマタをしてきます。断っても合意していると勘違いしてそのまま合意なく挿入してきます。ゴム無しで入れてきます。色んなメンズエステにも行くらしくそこでも本番するそうです。このままだと他にもたくさんの被害者が出てしまいます。立場を利用して研修と称した本番セックス被害者を防ぎたく書き込みしました。
自分は研修生に無理やり本番するくせに客には本番するな、抜きはやらないと人気でないとか言います。
入店したセラピストの本名や身分証明書の保管、契約書など何も提出しないで働くことができます。どうやって収入を申告しているのか?

被害にあわれた女性セラピストは新宿警察署の刑事課に通報してほしいです。
新宿警察署
東京都新宿区西新宿6丁目1番1号
電話:03-3346-0110(代表)
https://www.keishicho.metro.tokyo.lg.jp/about_mpd/shokai/ichiran/kankatsu/shinjuku/index.html

【事務所情報】
新宿区大久保1-1-11コントワール新宿204号室
新宿区大久保1-1-45 新宿セントラルハイツ603号室

【店舗一覧】
新宿三丁目 コンフォリア新宿301、608
東京都新宿区新宿5-8-20 コンフォリア新宿 301号室、608号室

新宿三丁目 ASPガーデン新宿402
東京都新宿区新宿5-8-23 ASPガーデン新宿 402号室

新宿南口 ガリシア代々木104
東京都渋谷区代々木2-18-4 ガリシア代々木 104号室

新宿西口 フォーキャスト西新宿704、705、805
東京都新宿区西新宿7-16-11 フォーキャスト西新宿 704号室、705号室、805号室

新宿歌舞伎町 エル・グランジュデ新宿503、604、701
東京都新宿区歌舞伎町2-45-6 エル・グランジュデ新宿503号室、604号室、701号室

東新宿 AXAS新宿TOWERS EAST504
東京都新宿区新宿7-25-2 AXAS新宿TOWERS EAST504号室

東新宿 コンフォリア東新宿ステーションフロント504、507、903
東京都新宿区新宿7-27-12 コンフォリア東新宿ステーションフロント 504号室、507号室、903号室

高田馬場 プレミヤパル高田馬場502、503、602
東京都新宿区高田馬場1-17-16 プレミヤパル高田馬場 502号室、503号室、602号室

恵比寿 プライムメゾン恵比寿304
東京都渋谷区恵比寿1-22-19 プライムメゾン恵比寿 304号室

日本橋 月村マンションNo.29-903、1001、1002
東京都中央区日本橋富沢町11-15 月村マンションNo.29 903号室、1001号室、1002号室

日本橋 ヴィークブライト日本橋 903号室
東京都中央区日本橋富沢町6-6

引用元:通報!!メンエスセクハラ本番研修 アロマモア田中蓮

まとめ

生活に困窮した人たちの弱みにつけこみ、納税の義務も果たさずに暴利を貪るメンズエステ「アロマモア」及び田中蓮は一刻もはやく摘発され、逮捕されなければならない。
また二度と、こうした違法行為が行われないよう、厳しく監視していかなければならないであろう。

告発しませんか

悪を糾弾するために、あなたの正義の叫び、告発を国際新聞社へ
>>編集部にこっそり連絡するならこちら<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button

告発しませんか

悪を糾弾するために、あなたの正義の叫び、告発を国際新聞社へ
>>編集部にこっそり連絡するならこちら<<
close-link
Send this to a friend