社会問題

株式会社一水工業 入札談合等関与行為防止法違反か!

ぜひあなたの情報をお寄せください

ありがとうございます!

情報提供の方法をお選びください

入札談合等関与行為防止法違反(自白証言あり)

ダウンロード (1)当社の取材記者が宮下照之会長に取材連絡を入れ た所、談合の様子を赤裸々に激白した。 どの取材記者も聞き間違えの無い様に必ず取材内容はマイクロテープにより記録をしている。取材記者の常識である。 もちろんその時の当社の取材記者と宮下照之会長の会話も一部始終が鮮明に記録されている。

企業のコンプライアンスが厳しく問われる昨今、多くの建設関連会社は、そうした談合を暴かれ、業務停止を命じられる会社、職務を解かれる関係者は、後を絶たない。

株式会社一水工業は、社会貢献を真に考え、宮下照之会長が本当に反省をして後悔しているのであれば罪は罪で認め、甘んじて、警察の取調べを受けるべきだと思うが、いががであろう。

一水工業の基本データ

商号 株式会社 一水工業
代表者 宮下 貴之
住所 〒403-0007 山梨県富士吉田市中曽根3-5-32
TEL 0555-22-0395
FAX 0555-22-0465
URL http://www.isi.co.jp
E-MAIL info@isi.co.jp
許可・登録 国土交通大臣許可(特-22)第14886
創業 昭和59年09月
営業時間 09:00~17:00
定休日 土日・祝日・年末年始
関連会社 株式会社 熱研メンテナンス
TEL0555-83-5211 FAX0555-83-5212
http://www.isi.co.jp/nekken/
取引先 みずほ銀行 山梨中央銀行 三井住友銀行 都留信用組合

ぜひあなたの情報をお寄せください

ありがとうございます!

情報提供の方法をお選びください

Tags

国際新聞編集部

ただただ謙虚な姿勢でありのままのことをありのままに伝えることこそ、 ジャーナリズムの本来のあるべき姿。 それを自覚はしているものの、記者も血の通った人間。 時にはやり場のない怒りに震えながら、 時には冷酷な現実に涙しながら、取材をし、 全ての記事に我々の命を吹き込んだ新聞を作っています。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

記事は気に入っていただけましたか?

あなたがご利用のSNSをクリックして、この記事に対する評価、感想、「いいね」「シェア」をお願いします
何もせず続きを読む

Send this to a friend