鎌倉ハム

  • 詐欺
    Photo of 仲間割れで発覚!鎌倉ハム詐欺事件の黒幕は瀧義博こと滝義洋と暴力団

    仲間割れで発覚!鎌倉ハム詐欺事件の黒幕は瀧義博こと滝義洋と暴力団

    マイケル・ジャクソン詐欺師原達也をめぐる鎌倉ハム私募債・投資詐欺はさらなる複数の取材協力社が現れ、匿名を条件に驚くべき情報を提供してくれた。 それによれば、これは刑事二課が担当するような単なる詐欺事件ではなく、刑事四課組織犯罪対策課が取り組むべき、暴力団犯罪であるという。 なかば出来レース的に仕掛けていた内輪もめも、それぞれの関係者の情報暴露合戦によって、次第に本当の揉め事に発展しつつある。 詐欺による犯罪収益の10億円の行方は?この詐欺犯罪の主犯は?鎌倉ハム詐欺事件報道第二弾は事件のさらに深部に切り込む。 鎌倉ハムをめぐる3つの詐欺事件 この鎌倉ハム詐欺は、弊社が追っている鎌倉ハムの私募債詐欺と投資詐欺と、当初は二つの詐欺事件であったが、取材が進むに連れ、新たな鎌倉ハム事件が発覚した。 6月23日についに鎌倉ハムの詐欺に対する告訴が警察に提出され、全国版のニュースになった。 報道によれば、被害者は160人で被害総額は60億円というとんでもない規模だ。 被害者数も被害金額も大きいものの、詐欺手口は稚拙なため、関係者の逮捕、そして事件の全貌が明らかになるのも時間の問題だと言われている。 一方、原達也による鎌倉ハム詐欺事件は、その手口は巧妙なために、警察も積極的に動きづらい案件であった。 しかしながら、取材が進むにつれ、警察がうこかざるを得ない事実が次々と出てきた。 まず、原達也が被害者たちに手渡していた食肉取引の資料が全くのデタラメであったことだ。なんの難しい裏付け捜査の必要もない。腹達也が被害者たちに渡した取引を証明する資料に登場する、海外の取引相手であるはずの食肉業者が、そもそも原達也の会社とはまったく取引はないと証言したのだ。 さらに、原達也の鎌倉ハム詐欺は、原詐欺家族による単なる詐欺ではなく、その背後には指定暴力団による資金提供があり、また犯罪収益の大部分は指定暴力団に渡っていたというのだ。 つまりウソをついて巨額のお金を騙し取り、その犯罪収益を指定暴力団に渡していたというわけだ。 原達也の鎌倉ハム詐欺には黒幕がいた 原達也の実父原定雄は、山口組の二次団体中西組の東京責任者であるが、今回の鎌倉ハム詐欺においては、確認できる限りでは、あくまでも間接的な関与でしかなかった。 しかし、取材を進めていくうちに、もう一つの広域指定暴力団の関与が明らかになった。しかも鎌倉ハム詐欺の犯罪収益の大部分がその指定暴力団に流れており、まさにこの鎌倉ハムの主犯格、黒幕とも言うべき存在だ。 この指定暴力団は鎌倉ハム詐欺を行うに当たり、その犯罪資金を提供したとも言われている。いうなれば、この鎌倉ハム詐欺を企画し、あがりを回収したというわけだ。 となれば、警視庁捜査二課が関わる単なる詐欺事件ではなく、組織犯罪対策部である警視庁捜査四課が関わってくる大捕り物になってくる。 その広域暴力団から金を受取り、原達也を全面に立てて詐欺を実行させ、原達也経由で犯罪収益を受け取り、それを指定暴力団に還元していた橋渡し役と成る人物がいる。それが滝義洋だ。しかし、通常は「瀧義博」と、名前の読み方は同じだが、違う感じの名前を利用している。…

    Read More »
Back to top button
Close