Visits: 102430

・投稿する際「□ 私はロボットではありません」にチェックを入れると投稿が表示されます
・誹謗中傷、個人情報保護法違反等法令に違反する内容は修正・削除します
・引用する場合は引用元を明記してください

ロマンス詐欺救済をうたい、非弁の疑い 大阪弁護士会が懲戒請求 川口正輝弁護士

(@無名)
投稿: 26
ゲスト
Topic starter
 

出典:朝日新聞

恋愛感情を悪用して現金をだまし取る「ロマンス詐欺」の被害金を回収するとして、自身の名前や顔写真を掲載したホームページ(HP)で依頼者を募りながら、実際は弁護士ではない事務員が法律事務を担っていたとして、大阪弁護士会は20日、所属する川口正輝弁護士(38)を弁護士法違反(非弁提携)などの疑いで同会の綱紀委員会に懲戒請求したと発表した。請求は10月23日付。

会見する大阪弁護士会の(左から)三木秀夫会長と山岸正和副会長=2023年12月20日午前10時1分、大阪市北区、森下裕介撮影

 同会によると、川口弁護士は広告会社と業務委託契約を結び、HPで依頼者を募集。昨年8月以降、最大で1800人超の依頼者から計約9億円の着手金を受け取ったとみられるという。「着手金を払ったのに対応がない」との相談が同会に複数寄せられたため、川口弁護士に聞き取ると、依頼者の対応を広告会社が派遣・紹介した事務員が担い、着手金の大半を広告会社に支払ったと説明したという。

弁護士法は、無資格者に名義を貸すことなどの「非弁提携」を禁じ、2年以下の懲役か300万円以下の罰金を科すと定める。

 また、HPの「返金の可能性は必ずある」との表記について、同会は「ロマンス詐欺の被害金回収は実際は難しい」と指摘。誤認させる表示で依頼者を集めたとすれば、弁護士職務基本規程違反にもあたる可能性があるとしている。三木秀夫会長は記者会見で「事実だとすれば明らかな非違行為で、再発防止に努めたい」と述べた。

 同会は21、22、25、26日の午前10時~正午と午後1~5時、川口弁護士の依頼者からの電話相談(06・6364・8951)を受け付けることも明らかにした。(森下裕介)

 
投稿済 : 21/12/2023 12:03 pm
volde reacted
トピックのタグ

返信する

投稿者名

投稿者メールアドレス

タイトル *

許可された最大ファイルサイズ 10MB

プレビュー 0リビジョン 保存しました

Back to top button