Visits: 102430

・投稿する際「□ 私はロボットではありません」にチェックを入れると投稿が表示されます
・誹謗中傷、個人情報保護法違反等法令に違反する内容は修正・削除します
・引用する場合は引用元を明記してください

「心霊スポット」侵入の若者に「犯罪だ」 恐喝容疑で管理業者ら逮捕

(@匿名)
投稿: 1
ゲスト
Topic starter
 

出典:朝日新聞 

「心霊スポット」とされる廃虚ホテルに侵入した若者に「不法侵入だ」などと迫り、現金を脅し取ったとして、京都府警は19日、管理業者の男ら3人を恐喝や弁護士法違反の疑いで逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。

京都府笠置町内にある廃虚ホテル。壁には落書きが目立つ=2023年10月15日、関ゆみん撮影

 捜査関係者によると、京都府笠置町にかつて観光ホテルだった廃虚があり、動画投稿サイト「ユーチューブ」などに「心霊スポット」として紹介され、若者らが各地から集まっている。この廃虚を管理していた男らは今年8~9月、廃虚を訪れ、敷地内に侵入した複数の若者に「刑事事件にするか、民事事件にするか」「前科がつく」「お金がないなら親から借りたら」などと迫り、示談金名目に1人当たり数十万円を脅し取った疑いなどがある。

 廃虚周辺には当時、侵入を警告する貼り紙がされ、「無断で立ち入った場合、30万円を支払う事に同意したものとみなす」などと書かれていた。

 

廃虚の周辺には立ち入り禁止の貼り紙があり、「立ち入った場合、30万円を支払う事に同意したものとみなします」などと書かれている=2023年10月21日、京都府笠置町、関ゆみん撮影(写真の一部を加工しています)

廃虚の周辺には立ち入り禁止の貼り紙があり、「立ち入った場合、30万円を支払う事に同意したものとみなします」などと書かれている=2023年10月21日、京都府笠置町、関ゆみん撮影(写真の一部を加工しています)© 朝日新聞社
 
 
 
投稿済 : 19/12/2023 4:32 pm
volde reacted
トピックのタグ
(@匿名)
投稿: 0
ゲスト
 

廃虚ホテルを「無償で管理業務したい」と所有者に持ちかけ ユーチューバーらを恐喝疑いで逮捕 肝試しに来た人から120万円脅し取ったか 京都・笠置町

京都の廃虚ホテルを舞台とした恐喝事件で、逮捕された容疑者がホテルの所有者に「管理業務をしたい」と持ちかけていたことがわかりました。

 「クボタ」社員の田尻諭容疑者(32)とユーチューバーの田阪将道容疑者(40)ら3人は8月と9月に京都府笠置町にある廃虚ホテルで、肝試しに来た男女4人に「不法侵入だ」などと迫り、あわせて120万円を脅し取るなどした疑いがもたれています。

 その後の関係者への取材で、今年に入って容疑者のうち1人が廃虚ホテルの所有者の自宅を突然訪ね、「無償でいいので管理業務をしたい」などと話を持ちかけ、委託されていたことがわかりました。

 警察によりますと、3人が管理を始めた7月以降、廃虚ホテルを訪れた30人以上から「金を脅し取られそうになった」などの被害相談が相次いでいました。

 所有者は警察に対して「まさか恐喝行為をしているとは知らなかった」と説明しているということです。

 
投稿済 : 21/12/2023 12:30 pm
volde reacted



返信する

投稿者名

投稿者メールアドレス

タイトル *

許可された最大ファイルサイズ 10MB

プレビュー 0リビジョン 保存しました

Back to top button