Views: 101614

共有:

スキャンダル記事をめぐり、不動産会社社長から現金を脅し取ったとして恐喝罪に問われた男性2人

(@名無し)
投稿: 34
Topic starter
 

有料情報サイトに掲載されたスキャンダル記事をめぐり、不動産会社社長から現金を脅し取ったとして恐喝罪に問われた男性2人の判決が22日、東京地裁であり、結城真一郎裁判官は2人に無罪(いずれも求刑懲役2年)を言い渡した。    弁護人によると、結城裁判官は無料通信アプリLINE(ライン)」での2人と社長のやりとりなどから、社長の証言には不自然な点があり、信用性が低いと指摘。社長から記事を消してほしいと依頼された男性らが、断り切れず現金を受け取った可能性を否定できないと述べたという。  2人は2018年10月、女性スキャンダルに関する記事をめぐり、東京都千代田区の不動産会社の男性社長に「(サイト主宰者は)あなたのネタをまだ複数持っている」などと言い、追加記事の掲載をやめさせる名目で現金1000万円を脅し取ったとして起訴された。  山元裕史・東京地検次席検事の話 判決内容を十分検討して適切に対応したい。 時事通信

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

インターネット記事の掲載を止める名目で1千万円を脅し取ったとして、恐喝罪に問われた松浦正親被告(48)と山田浩貴被告(50)の判決公判が22日、東京地裁であった。結城真一郎裁判官は、脅されたとする男性の証言の信用性を否定し、2人に無罪(求刑・懲役2年)を言い渡した。  判決は、男性が自らに関するネット記事の取り消しについて被告側に相談していたLINEの内容などを踏まえ、男性が自らの意思で2人に1千万円を渡した可能性があると指摘。「脅した事実は認められない」と判断した。2人は2019年7月に警視庁に逮捕されていた。( 朝日新聞 根津弥)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 インターネット上にスキャンダル記事が掲載された不動産会社の社長から現金1000万円を脅し取った罪に問われた男性2人について、東京地裁は無罪判決を言い渡しました。  松浦正親被告:「やっぱり無罪なんだ、司法ってちゃんとしているんだ、ちゃんと見てくれているんだなと思いました。よく分からないことには首を突っ込まないようにしようかなと。本当に今後、気を付けていきたいと思う。ありがとうございました」  会社役員の松浦正親被告(48)と山田浩貴被告(50)は2018年10月、不動産会社の男性社長(50代)の女性スキャンダルの記事を巡って現金1000万円を脅し取った罪に問われ、2人とも「脅した事実はない」として無罪を主張していました。  判決で、東京地裁は「被告らは男性社長から記事を消してほしいと依頼され、断り切れずに1000万円を受け取ったと認められる」「恐喝行為について十分な立証がなされていない」として2人に無罪判決を言い渡しました。  松浦正親被告:「(Q.1000万円を脅し取ろうとしたことは全くなかった?)1ミリもないですよ。本当にそこは。そもそもお金くれとも言っていないし」  検察側は男性社長の女性スキャンダルについて、松浦被告らが「この問題は根が深い、女性ネタは1つや2つではない。人が消える話」などと脅して1000万円を受け取ったと主張し、懲役2年を求刑していました。 テレビ朝日

出典:<a href=" リンクを削除 ">スキャンダル記事をめぐり、不動産会社社長から現金を脅し取ったとして恐喝罪に問われた男性2人 | 一般公開された記事のきりぬき、保管。 (ameblo.jp)

 
投稿済 : 25/05/2023 10:48 pm
volde reacted

返信する

投稿者名

投稿者メールアドレス

タイトル *

許可された最大ファイルサイズ 10MB

プレビュー 0リビジョン 保存しました
Back to top button