社会問題

日本製鉄跡地自衛隊拠点事業へ参入目論む東方金属&堀江工業が数百万㌧スラグ不法投棄で環境破壊スキャンダル

Views: 603

松山市内から10kmほど離れた、清々しい穏やかな山の中に、突如、明らかに身体に悪そうな、異様な化学臭が漂うエリアがある。
その異臭の源であろう場所は、場所には似合わず、異常なほど厳重な柵で囲まれたエリアで、立ち入ることができない。
実はこの異臭によって体調を崩した周辺住民のいるという。この山は松山市内に流れる川の水源にもなっている。もし、なにかあれば、51万人とも言われる松山市民に健康被害が及ぶ恐れもある。
一体、この頑丈な柵の中で何が起こっているのか。

正体は大可賀から持ち込んだ産廃スラグ

当時、この場所に産業廃棄物を持ち込んでいたというダンプの運転手を突き止めることができた。
証言によれば、その場所に産廃を運び始めたのは、2006年頃から始まり、2013年まで続いたと言う。
その際の報酬は、異常なほど高く、運転手一人当たり月に100万円以上もらっていたという。
持ち込んでいたものは、大可賀のヤードからもちこんだ、船の解体によって生じた産業廃棄物で、クルマそのものを廃棄物として投棄されていたというから驚きだ。
そしてその量は、日量にして1500トンから2000トンにも及ぶ規模であり、単純計算すると、少なく見積もっても300万トン近くに及ぶ。
そして当時、このスラグの不法投棄を疑った関係者が堀江工業側に説明を求めたところ、「転炉スラグであり、土壌改良に利用できるものだ」「転炉スラグなので環境に良い」と言っていたという。

genba scaled

不法投棄スラグ問題再燃か?

実は2005年に愛媛県今治市では、日新製鋼と神戸製鋼所が持ち込んだ5万トンのスラグにより、周辺の海では牡蠣や魚が次々と死に、周辺住民は目、鼻、のどの異常をきたしたことから、調査したところ、スラグから強アルカリ性が検出され、疫学調査でスラグとの強い因果関係が示された。
そうしたことから、スラグの受け入れに関して、行政及び住民への報告(周辺住民への説明会、搬入するスラグの内容物、周辺土壌汚染の不安除去のためのモニタリングなど)が義務付けられるようになったはずである。
しかし、住民への報告はもちろん、行政にもその記録は確認できていない。
取材にあたった協会側も、このスラグ投棄は、不法投棄の疑いが濃厚だと証言をしていた。

suragu kyoukai
不法投棄である疑いを認めた鉄鋼スラグ協会

強アルカリで周辺土壌の変色が広範囲に

この50万トンのスラグが投棄されていると言われている該当地の周辺土壌は、投棄が始められてから20年近く立っているにも関わらず、異臭が立ち込め、周辺土壌は広範囲にわたって白く変色をしている。
そこで周辺土壌を採取し、環境分析センターに分析に出したところ、62%を超える濃度の強アルカリや重金属が検出された。
明らかに基準値超えの環境汚染であり、公害だ。
行政にはまだこの報告を受けた記録がないことから考えると、このスラグ投棄場所の所有者である堀江工業は、公害を隠蔽しているのであろうか。
さらに敷地内には、地下水処理場が設けられているが、関係者の証言によると、この処理場では硫酸を流しているという。
つまりこれは、周辺の環境破壊を引き起こしている強アルカリを隠蔽するために、中和しているのではと言われている。 

S 71237650 0 scaled

産廃スラグを偽装受け入れか!

そもそもスラグを有価物として受け入れるのであれば、有害物質が取り除かれていなければならないはずである。
しかし有害物質が周辺に垂れ流されていることからも、再利用できない産業廃棄物としてのスラグであることは明白だ。
そして産業廃棄物であるならば、それが処理できるのは最終処分場でしかない。
しかし、堀江工業は最終処分場としての許可はない。つまり、違法承知でスラグを受け入れて、不法投棄している何よりの証拠であろう。

horie kougyou
違法承知でスラグ受け入れを行っていた堀江工業

農地転用で悪質偽装工作か!

さらに取材を進めると、堀江工業による悪質すぎるスラグの不法投棄の実態が明らかになった。
堀江工業がスラグの不法投棄を始めた当初、該当地は登記上、農地であった。
確かに試験的に転炉スラグを土壌改良のために用いる手法もあるが、それはあくまでも転炉スラグに限ったことで、しかもその量は10haあたり5トンである。
一方、堀江工業は3.8haあたり数百万トンものスラグを埋め立てていることからも、土壌改良のためのスラグ使用ではないことは明白どころか、あきらかな産業処理物処理法違反である。

不法投棄物&斜面盛土に太陽光設置認可の違法性

堀江工業は、不法投棄を隠蔽するためにか、平成27年には農地から雑種地に転用し、まさにその埋め立てスラグの上に太陽光発電の設置を行っている。
大量のスラグが埋め立てられ、急な斜面でもあることから、土砂災害に繋がる恐れもあり、太陽光パネル設置の造成に使用することは認められないはずである。
万が一、土砂崩れが起これば、有害スラグが崩れ落ちることになり、被害は二重三重になる。
そんな危険性をはらむ土壌であったが、行政はそのことを知らなかったのか、なぜか設置が認可されている。
しかし、鉄鋼スラグの不法投棄が発覚し公に問題になった場合は、太陽光発電の売電単価の認定取り消しになることは必至だ。
すでに斜面は崩れ始めてきており、該当地はそれを防ぐためか、ネットで覆われているものの、そのネットも全てを覆うわけではなく、一部しか使われていない。
そしてネットが使われていない部分は、スラグがむき出しになり、今にも崩れ落ちそうだ。
 もしこのスラグが埋め立てられた斜面への太陽光設置を認可した行政も責任を問われて然るべきであるが、今からでも行政は、指導及び是正勧告を行うべきであろう。
また、該当地の登記簿謄本を見ると、共同担保物件がずらりと並んでいる。それらは、愛媛銀行より7億円の抵当がつけられているが、土壌改良のためのスラグと地元民を欺き、また違法性の高い太陽光パネル設置を強行することで銀行も欺いている疑いがある。

solar scaled

リサイクルスラグを装う逆有償取引か!

堀江工業が該当地に持ち込んだスラグは明らかに産廃だ。投棄後10年経った今もほったらかしでリサイクルされた気配はない。
それどころか有害物質が垂れ流され、周辺土壌を汚染し続けている。
このまま続けば汚染水が松山市に流れ込み、大惨事を引き起こしかねないであろう。
しかし、スラグを大可賀の東方金属のヤードから持ち込んだ際、関係者にはリサイクルスラグだと説明していたと言う。
リサイクルスラグを装うことで、実際の買取額を引き上げ、より大きな利ざやを稼ぐことができるからだ。買えば買うほど儲かる仕組みだ。
そしてそのリサイクル偽装スラグは、そのまま誰も立ち入ることのできない私有地に秘密裏に埋め立てしまえば、完全犯罪の成立である。
このリサイクル偽装による逆有償取引によって、堀江工業は莫大な利益を上げたと言われる。

santonore

原状回復は100年以上

過去にスラグの不法投棄で告発され第問題となった大同製鋼は、警察の強制捜査を受け、その悪質さが明るみになった。責任を認めた大同製鋼は一部、原状回復費用を負担したものの、まだ全てが実現しているわけではなく、未だ、市民との問題を抱えたままだ。
大同製鋼は、廃棄物処分の許可を受けていない子会社に約300回にわたり計約2万8300トンの鉄鋼スラグの処分を委託したが、今回、堀江工業が隠蔽している不法投棄の産廃スラグは、50万トンという桁違いの量だ。
2万トンのスラグが10年経ってもいまだ原状回復できていないとなれば、堀江工業のスラグ不法投棄による原状回復は100年以上かかるであろう。

スクリーンショット 11 7 2024 151158 www.toho kinzoku.co .jp
東方金属㈱代表取締役 仁井岡武十郎

防衛省の「多機能な複合防衛拠点」に名乗りを上げる東方金属

東方金属の内通者の話では、今、東邦金属は、広島県呉市の日本製鉄の製鉄所跡地に新たな防衛拠点をつくる計画に対して、参画を目論んでいると言う。

万が一、東方金属が国策事業に加わることになれば、東方金属の産廃不法投棄、スラグの違法埋め立てによる環境汚染、環境破壊といったものが、ますます隠蔽されることに繋がりかねない。

商号東方金属株式会社
設立昭和25年2月6日
代表者代表取締役 仁井岡武十郎
本社所在地〒737-0134 
広島県呉市広多賀谷3丁目3番4号
資本金4,000万円
URLhttps://www.toho-kinzoku.co.jp/
事業内容鉄リサイクル事業、鋼材販売、エンジニアリング事業(解体・撤去工事等)、リサイクル事業並びに再生砕石・鉄鋼スラグ製品販売を柱とした事業展開をしております。
組織図詳しくは「組織体制」をご覧ください。
従業員数78人(2024年3月31日時点)
取引銀行もみじ銀行呉営業部山口銀行呉支店呉信用金庫本店広島銀行呉支店西日本シティ銀行広島支店中国銀行呉支店伊予銀行呉支店商工組合中央金庫広島支店

国際新聞編集部

ただただ謙虚な姿勢でありのままのことをありのままに伝えることこそ、 ジャーナリズムの本来のあるべき姿。 それを自覚はしているものの、記者も血の通った人間。 時にはやり場のない怒りに震えながら、 時には冷酷な現実に涙しながら、取材をし、 全ての記事に我々の命を吹き込んだ新聞を作っています。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Send this to a friend