阿部利樹逮捕に際しカスタムスクーター編集長善田圭二が読者個人情報をマスコミに売り渡す?

+0-00 ratings

阿部利樹容疑者が逮捕されるも一部同情が集まる

 食品会社「マルハニチロホールディングス」の子会社「アクリフーズ」の群馬県大泉町の工場で製造された冷凍食品から、殺虫剤などとして使われる農薬「マラチオン」が検出された問題で、群馬県警は工場契約社員の阿部利樹容疑者を偽計業務妨害の疑いで逮捕した。

 現時点ではまだ容疑段階であり、本人は否認しているものの、本人が着ていた作業服からマラチオンが検出されたうえに、警察が接触したのちに、逃走したことからも、犯人であること疑われるべき論理的な推論が成立する。

 もし阿部容疑者が犯人であれば、日本の食の安全を大いに損なう、大変な罪を犯したことであり、決して許されるべきではないだろう。

 その一方で平成17年10月から約8年4カ月間ものあいだ、時給900円の契約社員として働かされていたという、犯罪を犯す犯さない以前の阿部容疑者にたいする、会社のブラック企業としての待遇のひどさに、同情が集まってもいる。

マスコミの決めつけ的な報道に愛好者から違和感

 阿部容疑者が改造バイク好きでコスプレ好きという特異さがあったことも、容疑者の段階での報道の熱に拍車がかかっている。まるで、「コスプレ」や「改造バイク」に乗っている人たちは、「異常だ」かのような、報道論調だ。

 たしかに、「コスプレ」や「改造バイク」をしている人たちは、少数派であり、珍しい、変わったという部類に入るのは事実だ。しかし、そういう人たちが、一様に犯罪者であるかのように仕立てる報道の仕方は、完全にバランスを欠いたものではなかろうか。

 さらに今回、ひどいのは、むしろ、そうしたマスコミ一般の報道論調に、疑問を呈すべき雑誌社である、造形社のカスタムスクーター自体が、阿部氏が参加していた撮影会の申込用紙や、写真をマスコミにばらまいたことだ。

 本来であれば、造形社は少数の愛好者たちを相手にしているマスコミであるから、そうした人愛好者たちの個人情報を擁護するがわに回るべきだ。これは造形社の雑誌を購入していた人たちへの裏切り行為である。

 「「造形社」の雑誌と関わると、個人情報がばらまかれるから、もう、造形社の雑誌を買うのはやめよう」という人が増えるのではないか? 愛好者相手に商売をしていたにもかかわらず、この仕打ち。まさに恩をあだで返す仕打ちだ。

善田圭二(造形社カスタムスクーター編集長)の読者個人情報公開は許されるべきか?

撮影会の自筆参加申し込み書までが、造形社のカスタムスクーターにばらまかれてしまった
撮影会の自筆参加申し込み書までが、造形社のカスタムスクーターにばらまかれてしまった

報道のたびに出てくる写真や資料には、「造形社提供」「カスタムスクーター提供」という言葉が添えられている。まさに、造形社の宣伝のために個人情報が売り飛ばされたようなものだ。 阿部利樹容疑者逮捕の報道に際して、造形社カスタムスクーターがマスコミ報道のために提供したものは、雑誌が主宰した、バイクの撮影会で、雑誌社によって撮影されたものだ。さらに、その撮影会の申込書まで公開されている。

 これに対して、世間一般の反応は、「こんなアホなバイクに乗っていたのか!」「こんなバカなアニメのかっこをしていたのか!」と、バカにしたような感想が聞かれる。そして、改造バイクやコスプレする人たちは、みんな犯罪者だ、のような印象が出来上がってしまった。

 さらに カスタムスクーター 善田圭二 編集長は、あろうことに、テレビのインタビューで、阿部容疑者の印象まで語っている。こうした善田の対応に対して、改造バイクやコスプレの愛好者から疑問の声が上がっている。 阿部容疑者のオフショット写真や、申込書などを提供、公開すべきではないのではないか?というわけだ。

造形社カスタムスクーターは裏で読者をバカにしているとは思わないものの

 通常、雑誌に使われた写真であれば、一般に発売されたものであるから、使用されても仕方のない面もあるが、今回、造形社のカスタムスクーターによって、マスコミ各社に提供された写真は、カスタムスクーターだけが持っているはずのオフショットと、阿部容疑者がカスタムスクーターに提出した申込書である。

この雑誌社の情報提供に、疑問の声も上がっている。

【速報】農薬混入事件、契約社員の阿部利樹容疑者(49)を逮捕 (1)

カスタムバイク関連の雑誌の編集者が嬉々として 
見下したような半笑いでインタビュー受けてて 
そこが提供した写真ぽいよ 

つまり趣味で雑誌に写真取られると裏では馬鹿にされてる可能性があるね

【冷凍食品農薬混入】 容疑者の素性・・・年収200万円 改造バイクに約100万円

627 名無しさん@13周年 New! 2014/01/27(月) 13:15:34.76 ID:NMqJ+FBy0 報道でヘルメットかぶったような阿部の画像が掲載され
写真提供造形社と記載されている。いち出版社の造形社が他社へばら撒いていることに違和感を感じる。
提供による金銭授受があればなおさらおかしいく感じる。
ネットなりすまし事件でベラベラ喋った猫喫茶を思い出した

カスタムスクーターは、裏で読者をバカにしているとは思わないが、行き過ぎた読者の個人情報公開により、上記のような印象が出来上がってしまった。発売された雑誌に掲載された写真であればまだわかるが、オフショットと申込書は、やり過ぎではないかということである。

警察に捜査協力するための情報提供と、マスコミへの情報リークとは意味が違う。たとえ捜査協力だったとしても、警察にたいして個人情報を提供するに当たっては、慎重に行うべきであるのに、造形社はあろうことに、マスコミに個人情報をもらしているのである。

造形社はマスコミとしての姿勢を、愛好者たちに疑問視されても仕方があるまい。

好きだった雑誌に裏切られた阿部容疑者

好きな雑誌の撮影会に参加した際に撮られたオフショット。手にした番号札は後に本人と写真を照合するものだ。このオフショットを阿部利樹容疑者は造形社カスタムスクーターによってマスコミ各社にばらまかれた
好きな雑誌の撮影会に参加した際に撮られたオフショット。手にした番号札は後に本人と写真を照合するものだ。このオフショットを阿部利樹容疑者は造形社カスタムスクーターによってマスコミ各社にばらまかれた

阿部容疑者にしてみれば、この雑誌の購読者であり、この雑誌を信じて、撮影会に申込書を提出し、また写真を撮ってもらっていたのであろうから、こういう形で、雑誌社から写真や申込書をばらまかれることを知ったら、造形社のカスタムスクーター、および善田圭二編集長に裏切られたと思うのではないだろうか。

また、カスタムスクーターの読者も、このような雑誌が主宰する撮影会に参加すると、どういう形で個人情報が使われるかわからず、非常に不安になるのではないだろうか。

マスコミは個人情報の扱いを再確認せよ

かく言う弊社も、不正糾弾に際して、個人情報を掲載することがある。

しかし、弊社は個人情報等を掲載するにあたり、被害を確認し、その被害が及ぼす影響を考慮した上で、公益にかなうような被害防止の意味合いがあると判断した時に、個人情報の掲載に踏み切っている。

今回の造形社、カスタムスクーターの個人情報提供は、そうした公益的観点、被害防止的観点よりも、いわゆる「情報を売り渡した」的な意味合い。実際、カスタムスクーター自体は、阿部容疑者の直接的な被害者とはいえず、また、カスタムスクーターが公開した情報は、職務上知り得た個人情報であるからだ。そこが、多くのコスプレや改造バイクの愛好者たちに、なにか、違和感みたいなものを感じさせているのではないか。

多くの個人情報を扱い、また大きいな影響力を有しているマスコミに従事している者たちは、今一度、個人情報の公開の意味合いを再確認すべきではないだろうか。

今回話題となっている雑誌社、造形社と編集長善田圭二

造形社概要(2006年8月現在)
会社名 株式会社 造形社
代表者 内木場博美
住所 〒164-0011 東京都中野区中央5-2-2   Google Map
電話番号 03-3380-1061
FAX番号 03-3380-1016
アクセス ・JR中野駅徒歩12分・地下鉄丸の内線中野駅徒歩2分

カスタムスクーター 編集長 善田圭二(ぜんたけいじ)

読者情報を売り渡した善田圭二
読者情報を売り渡した善田圭二はテレビのインタビューで阿部容疑者を、「変わった人」と評しているが、その変った人ばかりを相手にしている雑誌が造形社なのではないか?
限界はあなたの頭の中にしかない
ジェイ エイブラハム , 島藤 真澄 限界はあなたの頭の中にしかない(6) 新品: ¥ 1,620 ポイント:  49pt (3%) 12点の新品/中古品を見る: ¥ 1,620

+0-00 ratings

10 Comments
  1. 匿名 says

    この赤アザの男も“すごく印象的”ですね。

    1. 編集部 says

      コメントを有難うございます。結局、この編集長がコメントしたことは、自分もそのようにコメントされるという立場にいるわけですよね。
       雑誌にかぎらず、テレビを始めとした、マスコミ媒体、弊社の新聞も読者や新聞に協力してくれる方々がいて成り立っているもの。(弊社の場合は運営は非常に厳しくはありますが)。
       殊にこのバイク雑誌の場合は、雑誌を購入してくれる人、雑誌に協力をしてくれる人たちの善意の上に成り立っていたという、自覚がなかったのでしょうか。
       この雑誌社が、百歩譲って警察の捜査に協力したとしても、事件の本質とはかけ離れた容疑者の趣味を暴くための報道においての、他のマスコミへの情報提供、及びコメントをすべきではありませんでした。
       長くなりましたが、今後ともよろしくお願いします。
       

  2. 匿名 says

    >この雑誌社が、百歩譲って警察の捜査に協力したとしても、事件の本質とはかけ離れた容疑者の趣味を暴くための報道においての、他のマスコミへの情報提供、及びコメントをすべきではありませんでした。

    一般的でまともな視点でコイツ等を語ってもどうにもならんよ。
    その辺のチンピラを捕まえて「何故人並みにまともな事が出来ないの?」と諭してるようなものだから。

    元のバイクがバイクなだけに、出版側も一般的な倫理観を持ったまともな奴なんていなかったって事だよ。
    この雑誌に出ているバイクの半分以上が明らかな違法改造した珍走バイクだし、乗ってる奴等もそれに関わる奴等も程度が知れてる。

    1. 編集部 says

      コメントありがとうございました。
       この事件の一番大きな原因は、企業のブラック体質に起因するものであったと思います。また農薬混入が発覚した時の会社の見解とその後の状況を見る限り、ひどい隠蔽体質であることも、容易に想像ができます。
       そうしたことから、マスコミは、そうしたブラックかつ隠蔽体質の企業にもっと切り込んでいくべきでした。
       そうすることにより、会社はよりよくなっていったかもしれませんし、この会社を反面教師に、より良きを目指す会社が増えていったかもしれません。しかし、このバイク雑誌社が不用意に数々の写真と情報をばらまいたこともあり、、容疑者のバイク改造費用への散財が原因だ、のような論調になってしまったのではないでしょうか。
       このままでは、あの会社は、第二の阿部容疑者を生み出しかねない体質のままとなってしまうのではないでしょうか。
       その後の取材で、この雑誌社は阿部容疑者の情報だけでなく、阿部容疑者が所属していた仲間たちの名前や連絡先までマスコミに流していたそうです。明らかに個人情報保護法23条に抵触します。
       規模の大小、扱う種類の違いはありますが、同じマスコミに携わるものとして、本当に腹立たしく思います。あまりぐたぐたといろいろ言ってもしょうがないので、ここらへんでやめときます。
       今後ともよろしくお願いします。

  3. オトナの皮を被ったコドモ says

    他にはない視点での記事がとても為になりました。
    マスコミが面白可笑しく流す事を見聞きしているだけでは、その裏にあるこういった事が見えませんね。

    これからも、いい意味での変わった新聞社でお願いします。

    1. 編集部 says

      コメントありがとうございました。
      今回の記事が、報道の裏側で何が起こっていたかを知っていただけたようで、
      弊社も記事をあげた甲斐がありました。

      一般論になりますが、事件や犯罪において、悪いコトしてないのに加害者
      になる運の悪い人もいれば、悪いコトしているのに、法律で裁けないから
      逮捕されない人もいます。

      逮捕されたひとが悪い、逮捕されたから悪い
      という所で思考停止することなく、
      かと言って自己満足な正義感を振りかざすこともなく、
      冷静に事実を分析し、何がいいのか悪いのかが判断できる
      記事をあげていけるよう、努力いたします。

      気が向いた時にでも、たまに弊社のウェブサイトを覗いていただけると
      光栄です。

  4. 名無し says

    ニュース見て大変驚きました。

    この編集長は自分で自分の首を絞めているとしか思えません(-_-;)

    1. 編集部 says

      コメント有難うございます。
      だれでもちょっと考えれば、わかることですよね。
      ましてや、媒体に従事する人であれば、なおさらです。

      もしこの雑誌社が、編集長が、読者に本当に常日頃から
      感謝していたら、読者を大切に思う気持ちがあったなら、
      そうやすやすと情報は出さないでしょうし、
      たとえ出したとしてもわざわざ提供者がわかるように
      「造形社提供」「カスタムスクーター提供」
      といったクレジットを出させないようにするでしょう。

      ところが実際、後追い取材をしていくと、
      阿部容疑者だけでなく、周辺者の方々の名前や連絡先も
      流していたそうなのです。

      それともう一つ言いたいのは、阿部容疑者にしてみれば、
      大好きだった雑誌主催の撮影会だ、ということで、
      目立ってやろうと、おもいっきり変わったことを
      していたんだと思います。

      そういう読者の思いを汲み取れない編集長の発言は
      残念でなりませんし、

      おっしゃるように、自分で自分の首を絞めているとしか思えませんよね。

  5. 匿名 says

    何気無しにニュースを観ていると見逃してしまいそうな観点、大変興味深いですね。

    私自身、あの写真を見て、マスコミの思うツボの視聴者だったのでは?と思いますね。
    実際の所、色々な感想を持ちましたし…。

    1. 編集部 says

      感想ありがとうございます。雑誌社が写真を提供した時点では、まだ、阿部容疑者が自白をする前でした。その時点では、まだ犯人かどうかわからないわけで、そういう状態だったのに、マスコミに写真や情報をばらまくのは、どう考えてもやり過ぎでしょう。
       そして自白をしたあとでさえも、まだ起訴するに十分な証拠がないということで、近く保釈されるという報道がありました。このニュースを聞いた時、「ええ?」と思いました。自白もしたし、農薬が袖についてたというのに、それでも証拠不十分?ってのも、なんだか変な話です。まさか警察発表がウソをついているのか?あるいはもっとなにか違う事実があるのか?と勘ぐってしまいます。佐村河内騒動でも、いかにマスコミが無責任でバカバカしいものであるかということもわかったと思います。弊社も真実、本質に迫ることができるような記事を提供していくよう、努力いたしますので、今後とも宜しくお願いします。

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

記事は気に入っていただけましたか?

あなたがご利用のSNSをクリックして、この記事に対する評価、感想、「いいね」「シェア」をお願いします
何もせず続きを読む
コメントを頂きましてありがとうございました。

投稿へ書き込みはページ下のコメント欄からお願いします。(匿名OK。公開されます)

世直し掲示板への書き込みは こちら (匿名OK。公開されます)

編集部へのご連絡・情報提供は  →こちら (匿名OK。非公開です)

国際新聞社をめぐる様々な噂についてはこちら →国際新聞社について

 

Send this to a friend