Views: 101612

共有:

[芸+]【文春】「ジャニーさんと性的な接触をしてないと先に進めない」 ジャニーズ8人目「性被害ジュニア」の証言 [Ailuropoda melanoleuca★]

(@匿名)
投稿: 1
Topic starter
 

New! 2023/04/12(水) 16:09:30.46 ID:6fegI3FT9 [1回目]
「週刊文春」編集部

 元ジャニーズJr.のカウアン・オカモト氏(26・当時は岡本カウアン名義)が4月12日、日本外国特派員協会でついに記者会見するなど、拡大を見せるジャニーズ性加害問題。「週刊文春」は過去5週にわたり、1980年代、1990年代、2000年代に性加害に遭ったと証言する7人の元ジュニアたちを取材してきたが、今回、カウアン氏と酷似した体験を告白する、同世代の8人目の証言者が現れた。

 20代後半のD氏。彼は2000年代後半にジャニーズJr.として活動、現在は退所している。

ジャニー氏の「推し」になるために性的な接触を試みる

 D氏らはジャニー氏の渋谷区内のタワーマンションの自宅を「マンション」、プールのある別宅のビルを「プール」と呼んでいた。

「まずはプールに行く段階があった。そっちはジャニーさんがあまり興味なくても紹介制みたいな感じで呼べる。鍵を渡されている子が、ジャニーさんに電話し、『今日、〇〇とプールに行ってもいいですか?』と聞く。機嫌が悪いと『誰、それ?』となってダメなんですが、うまいこといくと『いいよ』と。行ったら単純に楽しい。中高生だし、友達と遊んで夜泊まれて」

 彼はオーディションを経てジュニアとなったが、仕事はコンサートのバックダンサーくらい。ジュニアの中から選抜されるテレビ出演の機会はほぼなかった。レッスンに通い続けても、機会はなかなか訪れない。

「なんで自分、頑張っているのに、推されないんだろうと。そういうときに突然現れたような子がポンってマイク持ったり、最前列で歌っていたりするのを見ると、思考回路が……」

 高校生になったD氏にとって、それは社会構造の一端を見た思いだった。

「芸を磨いてファンを作っていくより、ジャニーさんと性的な接触をして、関係を作らないと先に進めないんだ、みたいな思考になっていって。そのために、すごく色んな手を使ってアクセスしようとしていました」

ジャニー氏がD氏に近寄ると両側の仲間は…

 10名足らずのジュニアにしか渡されていなかったマンションの鍵。彼は鍵を持つジュニアの口添えもあり、マンションに泊まることができた。

 ジャニー氏との「性的な接触」は、マンションに泊まった2回目ぐらいのときだとD氏は記憶している。高校1年生の冬だった。

 仕事終わりで仲間とマンションに行くと、食事をし、カラオケをしたりして過ごす。その夜はジャニー氏の寝室から一番遠い部屋のキングベッドに、3人で川の字になって寝ていた。深夜、ジャニー氏が近づいたことに足音で気づいた。怖さは感じなかったという。

 ベッドの下のほうからジャニー氏が入ってきて、手がD氏の足に触れた。3人の真ん中で寝ていたD氏。隣の2人はジャニー氏がD氏に近寄った時点で、外側を向くように寝返りを打っていた。

翌朝に渡された1万円

「多分、ジャニーさんは2人が気づいていることもわかっていたと思います」

 足のマッサージから始まって、手で性器を触り、最後は口腔性交と、カウアン氏と全く同じ流れだった。翌朝に1万円を手渡されたという。

 ジャニーズ事務所にD氏の証言について事実確認を求めたが、回答は無かった。

 D氏の証言は、ジュニアたちにとって、ジャニー氏の性加害を受け入れることと、スターへの道を進むことが、不可分の関係だという認識があったことを物語っている。

 このほか、4月12日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」および4月13日(木)発売の「週刊文春」では、別宅のプールを覗けるジャニー氏宅の望遠鏡、プールのある別宅と自宅マンションの格差、D氏が語る性加害の構造的な問題、日本外国特派員協会で行われたBBCの番組スタッフの会見の記事を報じなかった新聞の名前、アカデミー賞映画『スポットライト 世紀のスクープ』のモデルとなった記者が見たジャニー氏の性加害、などについて詳報している。

https://bunshun.jp/articles/-/62084

 
投稿済 : 12/04/2023 5:05 pm
volde reacted
トピックのタグ
(@匿名)
投稿: 0
 

ジャニー氏の「性加害」証言、沈黙してきたメディアに責任は? NHKディレクターの問いかけ

弁護士ドットコムニュース によるストーリー  1 時間前
 
 
png;base64,iVBORw0KGgoAAAANSUhEUgAAAAEAAAABCAQAAAC1HAwCAAAAC0lEQVR42mNkYAAAAAYAAjCB0C8AAAAASUVORK5CYII=

元ジャニーズJr.の岡本カウアンさんが、ジャニーズ事務所の創業者、故ジャニー喜多川さんから性被害を受けたと告白した4月12日の記者会見では、ジャニーさんの一連の問題を報じない国内のテレビや新聞など大手メディアの問題もまたクローズアップされた。

岡本カウアンさん、FCCJの会見(2023年4月12日/弁護士ドットコムニュース)

岡本カウアンさん、FCCJの会見(2023年4月12日/弁護士ドットコムニュース)© 弁護士ドットコムニュース

岡本さんは会見場所として、日本外国特派員協会(東京・丸の内)を選んだ背景として「(日本の大手メディアは)取り上げないだろうと覚悟して話しています」と述べた。

そんな中で取材に訪れたNHK報道局のディレクターが「もし大手(メディア)が報じていたら、ジャニーズ事務所に入所していなかったか?」などと問いかける場面があった。

岡本さんは「たぶんなかったんじゃないかな」と回答した。沈黙していた大手メディアに何か変化はあるのか。

 

●ジャニーズ入所前には「噂さえ知らなかった」

この日の会見で、岡本さんは中学3年生(15歳)だった2012年から2016年までジュニアとして活動したと説明。岡本さんによると、入所翌月にジャニー氏から、初めて性的行為をされて、退所まで計15〜20回あったという。

ジャニーさんによるジュニアへの性加害をめぐっては、1999年に『週刊文春』が大きく報じた。ジャニーズ事務所と文春が裁判で争い、東京高裁がその重要な部分で真実であることの証明があったと認めている。

ところが、そうした裁判の情報だけでなく、ジャニーさんの行為に関する「噂」もまた、岡本さんは入所前に「知らなかった」という。

ジャニーさんの性加害の文春報道を大手メディアは追いかけることはなく、沈黙した。しかし、英公共放送BBCが今年、ドキュメンタリーを世界に配信して大きな話題となっている。

 

岡本さんが週刊文春から取材を受けた最近の記事もすでに公開されていたが、岡本さんは「日本のメディアは残念ながら極めて報じにくい状況にある。BBCのように、報じてくれるかもと思い、ここで会見をすることにしました」と話した。

一方、記者会見の会場には、10台以上のビデオカメラが並び、民放キー局のカメラもみられた。

 
ジャニー氏の「性加害」証言、沈黙してきたメディアに責任は? NHKディレクターの問いかけ

ジャニー氏の「性加害」証言、沈黙してきたメディアに責任は? NHKディレクターの問いかけ© 弁護士ドットコムニュース

また、共同通信が記者会見の様子を速報した記事がヤフーニュースのアクセスランキングで1位になったほか、その配信を受けた地方紙がネット記事にするなど、元ジュニアが顔出しで被害を告白することへの注目の高さがみられた。

会見で象徴的だったのは、質問に立ったNHKのディレクターが「私もテレビメディア、とりわけ公共放送に勤める者の一人として大変重く受けとめています」と語りかけたシーンだろう。

 

●公共放送NHKディレクターの問いかけ

岡本さんは、大手メディアが沈黙していたからこそ、何も知らず、被害を受けていた可能性はなかったか。報道していれば、事態は変わっていたのか——。この点、NHKの報道局ディレクターが言及した。

「カウアンさんは1996年生まれですかね。私も同世代になるんですが、当時入所された15歳ころのことを思い返すと、たしかに『文春』で追っていらっしゃったけど、子どもたちの世代にはまったく届くような状況ではなかったと思います。

おうかがいしたいのは、カウアンさんは、知らずに入所したということですが、もし当時大手メディアが報じていたら、ご自身の選択は変わったと思いますか? たとえば、ジャニーズに入所すること自体ためらったとか。また、おうちのかたは今回の件をどのように受けとめているのでしょうか」

この質問を受けて、岡本さんは大手メディアが報じていたら、入所しなかったのではないかと答えた。

「そのときにならないとわからないんですけど、もしテレビが当時取り上げていたら大問題になるはずなので、たぶん親も行かせないと思いますし、15歳で未成年なので、僕の判断だけではできないですし。たぶんなかったんじゃないかなと思います」(岡本さん)

 
ジャニー氏の「性加害」証言、沈黙してきたメディアに責任は? NHKディレクターの問いかけ

ジャニー氏の「性加害」証言、沈黙してきたメディアに責任は? NHKディレクターの問いかけ© 弁護士ドットコムニュース

なお、家族に被害を打ち明けたのは、退所して3年ほどたってからのことだという。在籍中、息子の入所後に、ジャニーさんの「噂」を知った家族から、被害を受けていないか心配されたこともあったが、そのときは「否定していた。ないと言っていた」という。

岡本さんは、今回の会見を日本の大手メディアが取り上げないだろうと「覚悟している」と述べた。大手メディアはどのような形でこの「覚悟」を受けとめるのだろうか。

 
投稿済 : 12/04/2023 5:16 pm
volde reacted



(@匿名)
投稿: 0
 

 2016年までジャニーズJr.として活動していた歌手の岡本カウアンが、12日に都内の日本外国特派員協会で記者会見を開き、ジャニーズ事務所の創設者であるジャニー喜多川氏からの性被害を改めて訴えた。

 これまでも、前参議院議員・ガーシー容疑者の配信や週刊誌などで名前や顔を出し、ジャニー氏からの性的被害を訴えてきた岡本。今回の会見では改めて、2012年から2016年にかけ、15〜20回ほど性的被害を受けたことを証言した。

 会見の中で岡本は、初めて性的被害を受けた際のことについて、2012年の3月の中学校を卒業する直前で、仕事のために地元から上京してジャニー氏のマンションに泊まっていたタイミングだったことを告発。他のJr.が寝ている部屋で性的被害を受けたといい、翌日には1万円を渡されたことも明かした。

 また、岡本は他の被害者について「はっきり分かるのは僕以外に3人」としつつ、ジャニー氏の自宅を訪れた「ほぼ全員」が性的被害を受けているのではないかと推測した。

 しかし、この会見について午後のワイドショー各番組はまったく報じず。ネット上からは、「ちゃんと報じて」「これをスルーとかおかしいでしょ」「ワイドショーが報道しない自由を発動してる」「今こそ岡本カウアンさんの記者会見を報道すべき」「なんでテレビは、全く報じないのか?」「これでも黙殺って不信感しかない」といった不信の声が集まっている。

 3月にはBBCも報じたジャニー氏の所属タレントへの性加害疑惑。このまま日本のテレビメディアはスルーし続けるのだろうか――。

https://npn.co.jp/article/detail/200028726

★1 2023/04/13(木) 09:42:07.41
前スレ  https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1681364108/

 
投稿済 : 13/04/2023 6:40 pm
volde reacted

返信する

投稿者名

投稿者メールアドレス

タイトル *

許可された最大ファイルサイズ 10MB

プレビュー 0リビジョン 保存しました
Back to top button