Visits: 105412

共有:

“盗撮のカリスマ”グループの卑劣すぎる組織的犯行「知人女性をクスリで心神喪失状態にし“眠り姫”動画を撮影した」《県庁職員、公安調査員…逮捕者13人の衝撃》

(@名無し)
投稿: 33
ゲスト
Topic starter
 

出典:文春オンライン

 露天風呂で女性の入浴姿を撮影するなど卑劣な犯行を重ね、“盗撮のカリスマ”ともあだ名された斎藤果林被告(50)が逮捕・起訴された事件。盗撮に関わったメンバーはその後も続々と逮捕され、これまでの逮捕者は計12人に及んでいた。公務員である鹿児島県庁職員など、社会的地位のある堅い職業からも逮捕者が相次ぎ、世間に衝撃を与え続けている。

 そして静岡県警が新たに1月24日に逮捕したと発表したのは、諜報機関として知られ、映画「007シリーズ」にも登場した公安調査庁の職員、津田奨太容疑者(31)だ。津田容疑者は2020年3月に兵庫県の当時20~50代女性3人の入浴前後の服を着ている姿を盗撮しようと、入浴施設に侵入した建造物侵入の疑いが持たれている。

斎藤果林被告(本人のSNSより)

前代未聞の「公安調査庁に家宅捜索」

 社会部記者が解説する。

「津田容疑者は女性3人に休憩スペースで声をかけ、入浴するように促していました。その後、入浴した女性らを津田容疑者の仲間が約200メートル離れた山林から撮影するという、犯行の役割分担をしていたのです。ちなみに津田容疑者は女性らと会話しながらも、こっそりとカメラを回していて、犯行後に仲間が撮った裸の姿と服を着た姿を見比べて楽しんでいたようです。公安調査のスキルをこんなところで生かされたら、市民としてはたまったものではありません」

 結局、捜査する側であるはずの公安調査庁に警察の家宅捜索が入るという、極めて異例かつ、こっけいな事態に発展することになった。

斎藤容疑者らが盗撮をしたとされる某県の温泉 ©️文藝春秋

 ため息交じりに津田容疑者の逮捕を受け止めているのは、同庁関係者だ。

「津田容疑者は調査第2部の主任調査官です。いわゆるキャリアではありませんが、韓国の北韓大学院大学に長期で出張するなど北朝鮮分野のエキスパートで、専門家としての将来を期待されていた人材でした。“スパイ”といっても、基本的な仕事は、公表資料や報道をもとに状況を分析し資料を作成する役割で、尾行などをやるような現場の人間とは違います。

 津田容疑者は酒好きではあったようですが、冷静沈着な性格で、麻雀でもポーカーフェイスを貫き通し、腕も良かったとか。こんなところで、看板に泥を塗ることはして欲しくなかったですね……」

複数人が共謀する“盗撮プロジェクト”とは

 ついに諜報機関職員が逮捕されるまでに至った事件だが、これまでの捜査からスパイ顔負けの「プロジェクト」と呼ばれる、周到に練られた盗撮手法が明らかになってきた。元グループの一員が話す。

「プロジェクトとは、複数人が金とアイデアを出し合って撮影したい女性を温泉旅行などの名目で誘い出し、早朝から露天風呂の外に潜む斎藤被告が撮影する仕組みです。これを斎藤によく依頼しコンビを組んでいたのが、全国のナポリピザを食べ歩く有名ブロガーとして活動してテレビ番組にも出演し、昨年9月に逮捕された商社役員の男。既に削除された彼のブログには、いつも斎藤被告と一緒にいる写真があげられ、Facebook上で2人が『エロトーク』を楽しむ姿を見たこともあります。

斎藤果林容疑者(本人のSNSより)

 他にも、津田容疑者のように着衣の姿をあとで見比べられるように撮ったり、若い女性が風呂に入ったのを中からショートメッセージで合図をする役目の人がいたりと、グループの盗撮はかなり計画的でした。早朝に撮影スポットまで木々を潜り抜けて向かうので、斎藤の身体は擦り傷だらけで、帰りに盗撮した温泉に浸かって帰るのが恒例でしたね」

斎藤容疑者らが盗撮をしたとされる某県の温泉 ©️文藝春秋

 撮影を依頼された動画は、依頼者が恋愛感情を抱く女性のこともあるため、原則的にはグループのメンバーを含め他に公開することはないが、1人だけ例外だったのが、動画の編集を担当し、昨年11月に18歳未満の少女の動画を扱って逮捕された派遣社員の男だった。

鬼畜動画に「魔改造」 動画編集メンバーの“罪深さ”

「男は『バッキー』というあだ名で呼ばれていました。盗撮依頼者は斎藤に撮影を依頼し、編集はバッキーに頼むのがテッパンでした。バッキーは斎藤が撮影した動画と、SNSを駆使して普段の女性の姿を集めて組み合わせ、“鬼畜動画”を編集していたのです。グループではこれを『魔改造』と呼んでいました。YouTubeなどと違って、外部に公開するわけではないので、『好きな音楽が使えて嬉しい』と本人は楽しんでいましたね。

 盗撮動画の販売は、現金でやり取りしアシがつかないようにするのですが、編集をお願いする過程で、盗撮を依頼した客の個人情報はバッキーに集約されていました。そのため捜査当局は初期の段階からバッキーに目をつけていたようです。

「眠り姫」というタイトルの動画がある盗撮動画販売サイト

 自己承認欲求が強いのか、AV動画のレビューや、今回とは別の盗撮事件を起こし逮捕された人の裁判を傍聴した話などを自身のウェブサイトに掲載したりもしていました」(同前)

悪質な「眠り姫」動画をグループで共有

 盗撮した動画をグループメンバーで鑑賞する「オフ会」を開くなど、気味の悪さが際立つ事件だが、グループの犯行は撮るだけには収まらない。その凶悪な一面も明らかになってきた。

オフ会が行われていたというホテル ©️文藝春秋

 前述の社会部記者が話す。

「メンバーのなかには、知人女性に薬品を使用して心神喪失の状態にして、わいせつな行為をし、その一部始終を撮影したとして2人の男が11月には逮捕されました。この一連の犯行を2人は『眠り姫』と名付け、動画は盗撮マニアグループに共有していたようです。撮影だけでもおぞましいのに、薬を盛るとなれば相当悪質な犯行というほかないでしょう」

 日本を騒がせた組織的盗撮グループの実態。事件の全容解明に向けた捜査は続いている。

 

 
 
投稿済 : 02/02/2023 9:14 am
volde reacted
(@名無し)
投稿: 33
ゲスト
Topic starter
 

出典:文春オンライン

【逮捕者13人の衝撃】“盗撮のカリスマ”斎藤果林容疑者が逮捕 犯行グループの一員が明かす“卑劣な手口”「若い女性が集まる連休にはグループで“温泉盗撮旅”へ」

 “盗撮のカリスマ”ともあだ名された斎藤果林被告(50)が逮捕・起訴された事件。グループで共謀して露天風呂で女性の入浴姿を撮影するなど、常習的に卑劣な犯行に及び、1月24日に公安調査庁の職員、津田奨太容疑者(31)が逮捕されたことで、逮捕者は計13人にのぼった。

 捜査が進むにつれ、その卑劣な犯行手口も次々に明らかになっている。その過程では、知人女性を薬品で心神喪失状態にして撮影する「眠り姫」動画の存在も発覚した。

 盗撮グループはいかにしてここまで犯行を重ねてきたのか。当時の記事を再公開する(初出:2022年5月1日。肩書、年齢は当時のまま)。

「自然って美しいなぁ…」

 北海道の空に虹がかかる風景写真をFacebookにアップし、「僕らほど日頃の行いがいい人おらへんもん(キッパリ)」と、人が好さそうに書き込む男。

 その正体は、全国の露天風呂を行脚する“盗撮のカリスマ”と呼ばれる男だ。

斎藤容疑者らが盗撮をしたとされる某県の温泉 ©️文藝春秋

 静岡県警は2021年12月、兵庫県内の露天風呂で共謀し入浴中の女性を盗撮したとして、兵庫県迷惑防止条例違反の疑いで、斎藤果林容疑者(49)とその盗撮仲間の男らを逮捕した。(全2回の1回目/続きを読む

「盗撮に邪魔な木を切るため」にノコギリ所持

 静岡県警の署員が、静岡県藤枝市内の駐車場にいた斎藤容疑者の盗撮仲間の男を職務質問したところ、刃渡り6センチ超のノコギリを所持しており、銃刀法違反で逮捕。その後、「盗撮に邪魔な木を切るため」と話し、取り調べをすすめたところ、全国規模の組織的盗撮の可能性が浮上。押収されたデータなどから撮り師が次々と逮捕される事態となり、捜査は思わぬ広がりをみせている。

斎藤容疑者(本人のSNSより)

 気づかぬうちに被害者となり、ネット上で自分の入浴動画が売買される。そんな寒気のする犯罪行為から、どう身を守れば良いのだろうか。

 取材班は斎藤容疑者と現場を共にした元グループの1人であるAと接触 した。

「私は服を着ている女性をこっそり撮るのが好きなんです。それも褒められた行為ではないとわかっています。でも決してスカートの中を撮りたいとは思いませんよ! でも同好の士として斎藤とは行動を共にすることがありました。彼らのやり口を知るにつれ、さすがに一線を超えていると思い、嫌気が差してきて……。

 斎藤は以前にも一度逮捕されたが止めなかったし、また盗撮を繰り返すだろうと思います。今後同じ被害を生み出さないため、罪滅ぼしとして斎藤の手口を知ってもらいたい」

 そう言ってAはその周到かつ卑劣な事件の全貌と、組織的盗撮の手口を明らかにしたのだ――。

少女が写った露天風呂の盗撮動画を販売

「斎藤は露天風呂盗撮界の超有名人。盗撮好きなら一度は彼の動画を見たことがあると思います。本名を使っているところを見たことはなく、いつもYという偽名を名乗っており、メンバー間でもそう呼ばれていました。盗撮歴は30年ぐらい。実は2013年にも『●●』という大手盗撮販売サイトで、少女が写った露天風呂の盗撮動画を販売し、児童買春・ポルノ禁止法違反(提供)容疑で茨城県警に逮捕されています。

 ただ、その時点で遊んで暮らせるぐらいの金を稼いだようで、塾講師のバイトをしていると本人は話していましたが、まともに働いてはいないと思います。盗撮三昧の日々を送っていました。

斎藤容疑者らが盗撮をしたとみられる某県の温泉施設 ©️文藝春秋

 斎藤は『女性の裸は飽きるほど見て、何も感じない。撮影自体が楽しく、撮る瞬間のアドレナリンがたまらない』と話していました。実際に自分で撮った動画を1人で見返すことはほとんどない。売る目的がなくても、ルーティンで暇さえあれば風呂に出かけ、盗撮する。完全に中毒だったのだと思います」

過激な盗撮動画のタイトル

 斎藤容疑者が夢野一という偽名で登録するFacebookのページを見ると、地元である茨城県や長野県、北海道などを旅した際のピザやスイーツの「食レポ」など、人の良いおじさん風の投稿で占められ、そこからは自由を謳歌する中年男性の姿が浮かぶ。

斎藤果林容疑者のFacebookページ

 しかし、斎藤容疑者の撮り師である裏の顔は対照的だ。

 斎藤容疑者が使っていたとされるハンドルネームを検索してみると、ヒットするのは「激!!盗撮露天紀行」「新!湯乙女旅情」といった、過激なタイトルの盗撮動画ばかりなのだ。

「ヤラセはほぼなし」盗撮動画で年間10億円

「『●●』に投稿されていた露天風呂盗撮動画のほとんどは、斎藤のグループが撮影したものです。ヤラセはほぼありませんでした。過去には斎藤以外にも、100人にのぼる女性に睡眠薬を飲ませ、わいせつ行為をした盗撮動画をアップするなど、かなり悪質な撮り師もいました。

 このサイトの運営者は2013年、斎藤と同時に逮捕されています。その後も懲りずに海外サーバーを使った児童ポルノサイトを運営し、年10億ほど売り上げていましたが、2020年にもまた逮捕されました」

斎藤容疑者は盗撮動画をサイトで販売していた。摘発後、運営が代わったサイトでは今もリアルな動画が販売され続けている

 危険すぎる撮り師たちの実態。「アドレナリンがたまらない」という斎藤容疑者の盗撮現場は実際どのようなものだったのか。Aの証言からは、斎藤容疑者の盗撮への異常なまでの執念が窺える。

陽が昇る前に現場到着。盗撮場所の“草むしり”まで

「斎藤は地元・茨城ではコンビニに行くような腰の軽さで盗撮に出かけます。一方、北海道や神奈川など、地元の茨城以外の撮影スポットでは周到に準備します。だから盗撮の最中にバレたことは一度もありません。斎藤と一緒に逮捕されたメンバーは、職質を受けた際にノコギリを持っていましたが、盗撮をする前夜、人目につかない時間帯に現地に入って草むしりまでします。撮影現場へのルート開拓や、撮影に邪魔な枝を除去して、準備万端で当日を迎えるのです。

某県の盗撮現場付近 ©️文藝春秋

 撮影当日の朝は早いですよ。陽が昇るまでに現場に到着しないと人目につくリスクがあるからです。気合いが入っている場合だと、水や食料を持参して朝4時頃には現場に向かい、朝風呂から盗撮を始めます。撤収するのは、バレにくい日没後の夜8時頃。夜になると、女性の顔が判別できず、動画の撮れ高もよくありませんから」

 逮捕されるリスクを下げるため、「足を残さない」ことも重視しているのだという。

「昔はバレても怒られておしまいということもあったようですが、今は見つかれば即逮捕。だからとにかく慎重です。宿泊者リストを調べられれば、現場にいたことがバレるので、3日など長期の撮影でも、宿には泊まらず全て車中泊。高速道路も走行履歴を調べられるのが怖いからか、なるべく使いません。

某県の盗撮現場付近。フェンスを越えて盗撮スポットに向かうこともあったという ©️文藝春秋

 ちなみに撮影の定番スポットは、斎藤が住む関東近郊だけではなく、全国にあります。7月は旅行がてら、北海道まで撮影に行くこともあります。冬は寒いので、茨城や神奈川、兵庫、岐阜などの温泉地が中心だと思います」

若い女性が集まる連休にはグループで「温泉盗撮旅」へ

 盗撮は基本的に斎藤が1人で行っていたそうだが、時には“チーム”を組むこともあった。

「正月、お盆、ゴールデンウイーク、祝日を入れた3連休などは、メンバー数人で予定を合わせ、撮影に出かけることが多い。露天風呂にやってくる若い女性の数も多いので、撮れ高がいいんです」

盗撮被害に遭ったとされる某県の温泉施設 ©️文藝春秋

 今回の事件で話題となったのは、盗撮が組織的だった点だ。斎藤容疑者は、盗撮に加担するメンバーを、どのように集めていたのだろうか。

「一般的に、盗撮する奴は1人でやります。しかし斎藤は盗撮画像を投稿するアダルト掲示板で知り合った人と積極的にコンタクトを取り、実際に会っていました。他にも、例えば神奈川の温泉地を拠点にグループで行動する一派もいます。ただ斎藤はノリがいいというか、腰が軽くてアクセスしやすいため、特に目立っていましたね。外野のベテランからは『大風呂敷広げて、目立ったことしてんじゃねえよ』と嫌われていたようです。

盗撮動画の「鑑賞会」「依頼盗撮」の手口とは?

 斎藤のグループは初心者が多かった印象です。元々動画の購入者で、斎藤に『絶対捕まらないから、今度一緒にやろう』と誘われ、始めた人もいましたね。現場では、カメラの設定やフィールドスコープをうまく使いこなせず、『うまく撮れない』とボヤいている人もいました。斎藤同様、完全に中毒化して、家がある岡山から神奈川まで毎週通うようなメンバーもいたと聞いています」

斎藤果林容疑者(本人のSNSより)

 更にAへの取材を進めると、驚くべきことにメンバー同士で盗撮動画を鑑賞するという悪質すぎる「オフ会」まで行われていたことが判明。また、斎藤容疑者に頼み、目的の女性を盗撮してもらう「依頼盗撮」という卑劣な手口までが横行していたという――。【#2に続く】

 
投稿済 : 02/02/2023 9:19 am
volde reacted



(@名無し)
投稿: 33
ゲスト
Topic starter
 

出典:文春オンライン

「女子バスケットボール部の“鬼畜動画”をオフ会で鑑賞した」犯行グループの一員が告白する《組織的盗撮犯罪の下劣な実態》とは

 昨年12月、静岡県警が「盗撮のカリスマ」こと斎藤果林容疑者(49)らを逮捕した。立件された事件だけでも、盗撮現場は北海道、兵庫、神奈川と広範囲にわたっている。

 取材班は斎藤容疑者と現場を共にした元グループのAと接触。「#1」で、絶対匿名を条件にAが語ったのは斎藤容疑者の“表の顔”と“裏の顔”だ。

 そしてさらに取材を進めて浮かび上がってきたのは、複数人が集まって盗撮動画を鑑賞する卑劣な「オフ会」や「依頼盗撮」の実態だった――。(全2回の2回目/前編を読む

「盗撮のカリスマ」こと斎藤果林容疑者(本人のSNSより)

盗撮したバスケ部女子の個人情報を…

 茨城県にある日本百名山の1つ、筑波山。長閑な田園風景が続くこの土地の、とある宿泊施設の一室に夜、浴衣姿で寛ぐ5人ほどの男たちが集まっていた。ノートパソコンとテレビをHDケーブルでつなぐと映し出されたのは、バスケットボール部の女子学生たちの日常風景。次に映し出されたのは、彼女たちが露天風呂に浸かる姿を捉えた盗撮動画だったという。

筑波山 ©️文藝春秋

 Aはこう証言する。

「斎藤は馴染みの盗撮仲間や購入者たちを集めて、盗撮動画を持ち寄り“オフ会”を開いていました。クリスマスや年末年始などにメンバーが集まると、少し広めの部屋を予約し、その一室で開催するのです。

 そこで流されていたのが、女子学生の動画です。某県内のとある温泉施設に、毎年春になるとバスケ部が合宿に来るのですが、斎藤はその入浴動画を撮影していました。更に女子学生個人のSNSを調べて日常の写真を入手する者もいれば、わざわざ練習風景や学園祭の様子を盗撮しにいく者もいます」

“ドキュメンタリー風”に編集した「鬼畜動画」

 そうして集めた素材にBGMをつけ、「“ドキュメンタリー風”に編集する」という。

「その『鬼畜動画』をみんなで鑑賞するのです。私が見た動画では、名前のテロップ入りで局部をアップで写す場面もあり、さすがに気味が悪く、この内容がもしも流出したらと恐怖を感じたのを覚えています」

オフ会が行われたホテル ©️文藝春秋

 極めて悪質な犯罪行為。そして斎藤容疑者は定番スポットで待ち構えて撮るだけではない。自ら被写体になる女性をナンパし、手の込んだ盗撮をすることもあったようだ。

「女性に『温泉入ってきてレポートを書いてくれたら2~3万円あげる』などと誘い、すぐに交渉を成立させます。この場合は、女性の個人情報をメンバーに晒したり、販売したりすることはありません。仲間に動画を共有する際には、その女性が映っている部分はカットします。単純にナンパして、その後盗撮する過程を個人的に楽しんでいたんだと思います。道で出会った人から、車を買ったディーラーのお姉さんまで、気に入った人には積極的に声をかけていました。

 斎藤は一見、ただの気さくな田舎のおじさん。無職だと言う時もあれば、グラフィックデザイナーと名乗る時もあります。イケメンではないのですが、口がうまいというか、女性に手馴れているのです。

 普通、見知らぬおじさんに声をかけられたら女性は警戒するじゃないですか。でも斎藤は、例えば某人気男性アイドルグループのメンバーと撮った写真を見せたりして、相手を信用させるのです。斎藤のナンパは何度か見たことがありますが、すぐに落としていましたね」

斎藤果林容疑者(本人のSNSより)

 ちなみに斎藤と一緒に逮捕されたメンバーの1人は鹿児島県庁職員だった。“盗撮師”には本業のある人がほとんどだという。

「年齢は30~50代ぐらいまで、私の知る限り全員が男です。妻子持ちの方が多く、大体は“趣味”。動画を販売する人はほとんどおらず、身内で交換して楽しんでいる人ばかり。メンバー同士で動画を交換すれば、手元にあった1つの動画が2つにも3つにも増えていく。それを求めて、グループに参加する人が多かったのだと思います」

 こうした行為は卑劣極まりないが、盗撮は実際に撮る者だけの責任ではない。斎藤容疑者は、顧客から頼まれて個人的にデータを渡す「依頼盗撮」も行っていたのだという。

「社員の裸を撮って欲しい」“依頼盗撮”とは

「例えば、客が『〇月〇日に〇で好きな娘の裸を撮って欲しい』と依頼するのです。男は女性を誘って温泉に行き、待ち構えている斎藤が撮るという流れです。客のなかには『美女と温泉旅行を楽しんできました!』と、温泉と食事の写真ばかりのブログ記事をあげている人もいますが、目的は盗撮。ネット上では『遠足』とか『ハイキング』とか隠語を使っている人も多いですが、ようは盗撮旅行のことです。

斉藤容疑者が足繁く通っていたという定番撮影スポット ©️文藝春秋

 なかには『プロジェクト』と呼ばれる撮影もありました。複数人が金を持ち寄り、アイディアを出しあって特定の女性を誘い出して、依頼された斎藤が盗撮するんです。マイクロバスをチャーターして温泉に行き、撮影した話も聞きましたね。ただ、目当ての女性がドタキャンしたら台無しになるので、少人数でやることが今は多いようですが……。ちなみに大手広告代理店などにも人脈があり、お気に入りの有名女優を盗撮したと話していたこともあります。

 また斎藤とは別ですが、企業の社長から『社員の裸を撮って欲しい』と依頼され、社員の温泉旅行や研修旅行の写真を撮ったというケースも聞いたことがあります。ちなみに依頼盗撮の場合は無料で、代わりにお礼としてプレゼントを斎藤に渡したり、斎藤が撮った販売用の動画を購入したりしていたようです」

 
 

 販売の場合は、動画の送受信や金銭授受の履歴を残さないようにするため、ネットで出会った客でも必ず直接会い、現金で受け渡しをしていたという。客は、比較的安定した地位の者が多かったようだ。

斉藤容疑者の被害に遭ったとされる温泉施設 ©️文藝春秋

盗撮動画を購入するのは医者や大学教授など

「購入者は医者や大学教授など、口が堅そうで堅実な金持ちが多く、固定客も多い。客とはネットで出会うことが多かったと思いますが、“ナンパ”の場合もありました。飲みに行った席で1人の客に話しかけるなどして、反応によって購入や依頼盗撮を持ち掛けるのです。私も不思議ですが、30年という経験からか、『この人は動画を買う』というのが直感的にわかるらしく、斎藤のそうした嗅覚は異常でした」

斎藤果林容疑者(本人のSNSより)

 こうした盗撮被害を免れるためには、どうすれば良いのだろうか。

「盗撮師たちが狙うのは出入りが激しい日帰り温泉入浴施設が多い。インスタ映えするなど若い女性が多く訪れ、正面に木々が剪定されていないような山がある施設は危ないです。また景観を損なうことにはなりますが、覆いがついた施設の利用をお勧めします。実際に過去、斎藤の盗撮被害があった施設が覆いをつけ、温泉旅の定番スポットから外れたこともありました」

オフ会が行われていたというホテル ©️文藝春秋

 自然の景観に魅せられ入浴する楽しみはあるが、盗撮被害の可能性は意外と身近にあることを心に留めて置くべきかもしれない

 
投稿済 : 02/02/2023 9:25 am
volde reacted

返信する

投稿者名

投稿者メールアドレス

タイトル *

許可された最大ファイルサイズ 10MB

プレビュー 0リビジョン 保存しました
Back to top button