社会問題

【日本地方新聞協会声明】言論弾圧に屈せず国家権力や反社会的勢力等と戦う

ぜひあなたの情報をお寄せください

ありがとうございます!

情報提供の方法をお選びください

日本地方新聞協会の声明

日本地方新聞協会会長 冨田正敏
自民党の若手議員らが立ち上げた勉強会「文化芸術懇話会」で、講師が講演会後に、沖縄県の地元紙に関して「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない」と言論弾圧とも取れる発言を行った。

言論弾圧に屈せず国家権力や反社会的勢力等と戦う 1

更に、翌日の衆院平和安全法制特別委員会で、勉強会に参加した議員から「マスコミを懲らしめるには広告料収入が無くなるのが一番だ。経団連に働きかけて、悪影響を与えている番組を発表し、そのスポンサーを列挙すればいい」等の発言があったことも明らかになった。

【日本地方新聞協会声明】言論弾圧に屈せず国家権力や反社会的勢力等と戦う 1

まさしく、国会を絶対過半数で牛耳っている権力によるマスコミへの言論弾圧であり、憲法第21条で明確に保証されている表現の自由を軽んずる言動は報道に自由を否定するものであり、日本地方新聞協会は抗議する。
我々日本地方新聞協会会員社は常に国家権力や反社会的勢力等と戦ってきており、どの様な弾圧を受けても国民に真実を伝える覚悟があり、このような行動に断固反対する。

 

ぜひあなたの情報をお寄せください

ありがとうございます!

情報提供の方法をお選びください

国際新聞編集部

ただただ謙虚な姿勢でありのままのことをありのままに伝えることこそ、 ジャーナリズムの本来のあるべき姿。 それを自覚はしているものの、記者も血の通った人間。 時にはやり場のない怒りに震えながら、 時には冷酷な現実に涙しながら、取材をし、 全ての記事に我々の命を吹き込んだ新聞を作っています。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

記事は気に入っていただけましたか?

あなたがご利用のSNSをクリックして、この記事に対する評価、感想、「いいね」「シェア」をお願いします
何もせず続きを読む

Send this to a friend