【日本地方新聞協会声明】言論弾圧に屈せず国家権力や反社会的勢力等と戦う

日本地方新聞協会の声明

日本地方新聞協会会長 冨田正敏
自民党の若手議員らが立ち上げた勉強会「文化芸術懇話会」で、講師が講演会後に、沖縄県の地元紙に関して「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない」と言論弾圧とも取れる発言を行った。

言論弾圧に屈せず国家権力や反社会的勢力等と戦う 1

更に、翌日の衆院平和安全法制特別委員会で、勉強会に参加した議員から「マスコミを懲らしめるには広告料収入が無くなるのが一番だ。経団連に働きかけて、悪影響を与えている番組を発表し、そのスポンサーを列挙すればいい」等の発言があったことも明らかになった。

【日本地方新聞協会声明】言論弾圧に屈せず国家権力や反社会的勢力等と戦う 1

まさしく、国会を絶対過半数で牛耳っている権力によるマスコミへの言論弾圧であり、憲法第21条で明確に保証されている表現の自由を軽んずる言動は報道に自由を否定するものであり、日本地方新聞協会は抗議する。
我々日本地方新聞協会会員社は常に国家権力や反社会的勢力等と戦ってきており、どの様な弾圧を受けても国民に真実を伝える覚悟があり、このような行動に断固反対する。

 

あなたの情報をお寄せください!

記事に関係した告発はもちろん、悪を糾弾するための情報、
 あなたの正義の叫び告発がある方は、国際新聞社をご利用ください。
>>編集部にこっそり連絡するならこちら<<

Hits: 132

国際新聞社編集日誌

国際新聞社の編集部員による編集日記です。編集部の舞台裏から身近な話題まで気が向いたときにですがゆるめにお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Back to top button

あなたの情報をお寄せください!

記事に関係した告発はもちろん、悪を糾弾するための情報、
 あなたの正義の叫び告発がある方は、国際新聞社をご利用ください。
>>編集部にこっそり連絡するならこちら<<
close-link
Send this to a friend