大阪府警におけるパワハラの実態

このトピックには0件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。5 ヶ月前 国際新聞編集部 さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #297221

    国際新聞編集部
    キーマスター

    現在大阪府警では各種ハラスメント対策の一環として組織的に対策を練ろうとしております。しかし一方上層部では、圧力をかけて正に、パワーハラスメントを組織的に行なっております。
    それは、警部以上の会議の後に意見交換会と称して、本部長も招待して、飲み会を行います。もちろん、勤務時間外の全くのプライベートで、自費参加の飲み会です。
    その会合の参加の有無の回答を、組織のオンラインシステムで、決裁をとらせて回答させて断れないようにしています。
    それでも、用事があり参加出来ない幹部の方もいるのですが、不参加が多数に及ぶと本部長に申し訳無いのか、各署の副署長か署長に、部下の会合の不参加理由を調査させて圧力をかけて参加させるという、正に組織ぐるみのパワーハラスメントを行なっています。

    画像添付:

どなたでもご自由にご参加ください。トピックを新規作成するにはログインしてください。

Please Login
*
Username
Username can not be left blank.
Please enter valid username.
*
Password
Password can not be left blank.
Please enter valid password.
Please enter at least 1 characters.
LOGIN
 
 

このトピックに返信するにはログインが必要です。

Back to top button

記事は気に入っていただけましたか?

あなたがご利用のSNSをクリックして、この記事に対する評価、感想、「いいね」「シェア」をお願いします
何もせず続きを読む

Send this to a friend