吉川市長・中原恵人が最近配った市政報告...
 
Notifications

トピック新規作成や返信をするにはメンバー登録(無料・匿名OK)が必要です。ログインはこちらメンバー登録はこちら。 プロフィールの確認・編集はこちら

 

吉川市長・中原恵人が最近配った市政報告リーフレット  


投稿: 11
(@nanashinanashi-com)
Illustrious Member
参加: 1年 前

吉川市長・中原恵人が最近配った市政報告リーフレット(吉川ミーティングvol.28)の内面に記載された記事内容が酷いです。中原氏支援者のママら(おそらく戸田かおる議員の友人ら)を使ったヤラセと思われる懇談会と、中原が嫌っている市議会議員の悪口のオンパレードになっています。Y田議員は海外旅行で議会を欠席とありますが、何年も前の市議になりたての頃の話で、家族とのたった年一回だけの旅行が決まった後に突然臨時で議会を開くことになった為、正当な手続きを踏んで欠席したそうです。またI 田議員は元々は中原の支援者として選挙の際に中原を当選させるために尽力した人ですが、権力を握った中原のやり方や人間性に嫌気がさしてたもとを分つことになったようなのです。中原を埼玉県議や吉川市長に当選させるために支援した人達(中原が以前いたつくばから来てくれた支援者たちも含む)が次々と中原から離れていっていると聞きました。また、中原は市議たちのFacebookやTwitterなどのコメント欄を開いて細かくチェックし粗探しをし、自分の都合の良いようにリーフレットに書いているようです。自分の地位を守る為なら、拉致被害者家族まで利用しています。そして上田元県知事や大野知事の他に、権力者や金持ちを利用してイベントをやっているようです。また、10月27日に市役所で開催された「吉川に不登校の子どもたちの居場所を作ってほしい」という不登校児の親や不登校の子どもらからの要望や活動を聞く会に市長として出席しているにもかかわらず、中原はアメブロにもFacebookにもTwitterにもその事実を載せずに隠しています。(不登校問題に取り組むNPOの理事長を名乗っているのに、おかしな話です。)また、吉川市内の不登校の子から直接手紙や要望など出されても返事せずスルーし、その子らと向き合おうとしません。このように、言動が一致しない中原恵人という人間をこのまま市長という立場に居させていたら、吉川市の未来が駄目になっていくと思いました。中原が市長になる前から計画されていた事業をさも自分の功績のように大々的に宣伝しています。人に雇われて人の下で働いたことがないという苦労知らずの人間に、政治という権力を握らせたらロクなことがありません。中原の人間性の闇の部分を暴いてほしいです。それから、埼玉県議時代に、妻の大久保恵理(中原恵理)以外に内縁の妻がいて、中原が政治資金を内縁の妻に使っていた件、詳しく知りたいです。

返信
Topic Tags
1 Reply
投稿: 11
(@nanashinanashi-com)
Illustrious Member
参加: 1年 前

令和元年10月17日
吉川市長
中原 恵人 殿
市民の会・無所属
抗 議 文
貴殿は令和元年9月26日に掲載した、『吉川市長・中原恵人(なかはらしげと)の「吉
川ミーティング」「市会議員の現実」①~⑤市民の会』などの中で、私ども市民の会・無所
属議員6名に対し、名誉棄損、業務妨害に当たる内容を SNS で掲載しました。
市長名で出されたその内容は、個人への誹謗中傷、人格攻撃、虚偽の情報に満ち、一方的
な思い込みによる主張と言えます。パワハラ・セクハラとも言え看過することは出来ません。
速やかに謝罪するとともに、ブログでのお詫び、訂正を行うよう求めます。
そもそも執行機関の長である市長が、議員個人を名指しして SNS 上で批判する行為は
良識、常識を超えた愚行だと言わざるを得ません。
議会の権能の一つである「監視機能」を果たす議会・議員が首長を批判することと、首長
が議員個人を批判することの意味合いは全く違います。二元代表制は、首長と議会という機
関で成立しており、その機関間のものであります。
議会は住民の代表であり、それに対する首長の言動は抑制的であるべきで、仮に議員の言
動が看過できない場合には、あくまで議長を通して申し入れをすべきです。
その意味からも、首長が議員個人を議会の場でなく私的なブログを通じ名指しで批判する
ことはあり得ない行動であり、許されることではありません。
中原市長には、二元代表制の意味と自身の立場を再認識し再び同じ過ちを犯さぬよう猛省
を促します。
尚、私たちに対する謝罪の日時及びブログでのお詫び・訂正内容について、7日以内に書
面にて提出してください。
以上

返信
Share:
Back to top button
Close