ロシア正教会は危険な組織?ロシア人が日本人に警告する衝撃事実

日本でロシア正教会を名乗り活動することが異常 日本で活動しているロシア正教会は、本来の正教会としての純粋に宗教的な観点から考えると、不自然な存在です。もっと踏み込んで言うならば、日本で活動しているロシア正教会は政治色を色濃く帯びた団体であり、日本人としては非常に警戒すべき団体なのです。 そもそもロシア正教会は日本にあるべき団体ではないのです!  …

陵辱スクープ!SM好きの舛添要一は国民の税金を山口組に流していた?

女性秘書に性交を迫る舛添要一の性癖 [昼は政治家〃夜は変態男の舛添要一]事情通曰く〃桝添要一が新党改革の代表のときの裏話である〃舛添は女性秘書にヤらせろ❤️ヤらせろ❤️としつこく迫るので〃その女性秘書氏は一度だけやらせれば済むのかと思い〃舛添にやらせたそうである。 ところが桝添はそのあともしつこくその女性秘書氏に性行為を迫ったと言う。 [ジギルとハイドの舛添]事情通の話しは続く〃…

舛添都知事が元事務総長から刑事告発!女性秘書にもセクハラ?

近日中に(元)側近が舛添知事を刑事告発か??? かつて新党改革の代表を務めていた舛添要一都知事の不正経理問題をめぐり当時の側近がついに舛添都知事を刑事告発するという。告発準備をしているのは(元)参議院議員の山内俊夫氏である。山内氏は新党改革では事務総長を務め、舛添要一には最も近い人物である。それだけに山内氏の話には真実味がある。 税金が原資の政党交付金で借金返済した舛添要一…

二つに破れた日本最大の任侠組織山口組

筆者は敢えて二つに割れた山口組を(暴力団)とは言わない。この名称はマスコミが勝手に付けた名前だからである。この暴力団という名称を国家権力の警察が一般的に使いだしたのが始まりと聞いている。 任侠組織は博徒がと言われた者たちが江戸の昔に誕生している。その他露天商と言われる者たちは香具師(テキヤ)という言われ 、縁日などでの商いを営むのが家業である。詰まり、博徒は渡世人、テキヤは稼業人と言うのが正式名称である。…

熊本地震でのマスコミの迷惑行為一部始終を暴露!ピースボートも政治利用?

熊本地震避難所中継中TBSが放送事故で中断 2016年4月21日に放送された、TBSの生放送ニュース番組「Nスタ」で熊本地震の中継が中断される放送事故があった。 TBSのリポーターとピースボートの職員である辛島友香里が熊本地震の被災者の避難所前から中継中に、被災者と思われる男性が怒号を上げた。 被災者の男性の発言は次の通り 撮んなて! (撮るなよ!) おい! 撮んなて! (撮るなよ!) 撮んなていいよるつた!…

警察を欺く上島珈琲上島弘之と徳裕会岡久理事長!虚偽告訴にゆれる病院買収

悪いのは岡久理事長?上島珈琲と河本裕之?新田修士? 徳裕会という病院の買収をめぐり、告発書が高石署に提出され、受理された。しかしその告訴状はまったくのでたらめであるとして、逆にその告訴状を提出した告訴人が虚偽告訴罪で告訴された。 ことの発端は、岡久が理事長を務める徳裕会という病院の売却話をめぐり、上島弘之を代理とする河本裕之が病院買収の資金を新田修士によって横領されたということで、買収側の上島弘之を代理とする河本裕之と売却側の岡久が告訴をした。…

下井病院の評判より酷い実態!足立区綾瀬でまかり通る違法治療と不正請求!

下井病院で患者への不正請求疑惑 もしあなたが下井病院で手術の経験があるのであれば、以下の記事を注意深く読んでください。なぜなら、不正な請求をされ、払わなくていいお金を払っている可能性があるからです。 通常、保険使用患者に対しては、実費請求できる分は個室代金くらいなはずですが、下井病院では、手術当日に請求不可である薬剤・器材・雑費類に対し、独自伝票を用いて患者に請求している場合があったと、関係者の取材で判明しました。…

生写真で決死告発!偽装除染スクープ第二弾!隠蔽する環境省と加担する共同通信記者

謝罪後に偽装除染をこっそり隠蔽工作する環境省 前回、現場の除染作業員の声をとりあげた弊社が報じた横取りスクープによる偽装除染の実態によって、環境省が動いた! しかし、表立って不備を認めず、隠蔽しようとしている。 何が起きているのか? 共同通信によると、環境省はこの件を認め、謝罪をしたというが、いまだその不正の実態も謝罪も公表されてないない。それどころか、その偽装除染と呼ばれる手順を、こっそり改めるよう、現場に指示をし、その偽装除染がなかったことにしようとしているのだ。…

西村まさみの日歯連献金疑惑いまさら追求?弊社4年前の記事を確認せよ

いまさら特捜部が日歯連と西村まさみを追求する理由は何か? 2015年10月2日、特捜部が日歯連からの迂回融資疑惑として西村まさみを事情聴取したことを、大手メディアが一斉に伝えた。 しかし、これは弊誌が2011年からすでに指摘していたことだ。…

自衛隊入間病院の愚策!このままでは防衛医大、防衛省医療は滅びるぞ!バカ野郎!

防衛省医療改革が言われて久しいが、航空自衛隊だけがいまだに一般市民を診療する体制が無い。 航空自衛隊の管轄する自衛隊病院(三沢、岐阜、那覇病院)を統合し、自衛隊入間病院をつくる構想が持ち上がっている。 ここには発展を阻害する問題が指摘されている。 専門医を取得した技量の医師か活躍する設備は整わないのである。 構想は度素人の自衛官、設計は薬剤官や医療資格の無い自衛官、さらにその設計は自衛隊の事務所設計の担当者に大きく改悪される。…