立校教員の給料は我々が汗水垂らして働いて納めた税金が原資となっている。そのお金が賭博行為に使われていたとしたら…

このトピックには3件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。2 ヶ月、 1 週前に  さつきちゃん さんが最後の更新を行いました。

bbpress_notice600x200-2
bbpress_loginnotice
  • 投稿者
    投稿
  • #261465 返信

    怒りのS県民
    • +8
    • -2
    • 10 ratings
    10 ratingsX
    Like! Dislike!
    80% 20%

    今年の8月、フェイ○ブックにW市の小学校教員が以下の記事を写真と共に投稿。

    「サーフィン日和?職場のみんなで海遊び。サメにも負けないやる気?私ゎひたすら飲むのみ(笑)ウノで千円get!!」

    閲覧当時、当事者の繋がりを辿っていくと他にも、水着姿で乱痴気騒ぎする者・飲酒してへべれけな状態の者・長期旅行の日記を何度も更新する者などがいた… 名前を検索すると大方、W市内の教員であることが学校だよりの閲覧により知り得ることが出来た。この学校だよりが閲覧不可だったとしたら、W市の教員であ ることは明るみにならぬままであった。教員のモラル低下、あまりにも酷い実態。娯楽を楽しむのは一般市民同様、大いに結構であるが、一線を超えてはならな い。社会的影響力のある立場ならば、フェイ○ブックに掲載しても良いか悪いかは考えれば分かるはずである。平気で賭博行為をアピールする記事を投稿してい ることから常習性も疑われる。先月から1カ月以上も連日のように報道された野球賭博問題等の賭博に関する報道を目の当たりにすると、本件も一大事と言えよ う。

    以下、Dイリースポーツからの抜粋。
    【N本テレビ「G列のできるH律相談所」に出演するK村晴男弁護士に聞くと、「1円でも賭博は違法行為」と断じた。
    刑法185条が定める賭博罪。「賭博をした者は、五十万円以下の罰金または科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りではない」と定めている。
    「一時の娯楽」とは一体、何なのか。
    K村弁護士は「大正13年の大審院判例が今も生きていると考えるのですが、現金はだめ。1円でも」と述べた。「金銭はその性質上、一時的な娯楽に供するものとは言えない」という判決。】

    K村弁護士の見解及び刑法185条・大審院判例と照合しても違法行為と言える出来事である。S県教育委員会の懲戒処分の基準については、(ア賭博をした職 員は、減給又は戒告とする。)とあるものの、3カ月以上経ても処分の記事は一向に表れない。教育委員会は知らないのか、隠蔽なのか…真相は闇の中である。

    W市内の小学校に関しては先日、本件とは異なる事故の報道がなされた。内容は、【11月13日(金)に学校と市教委は、5月にUS△メモリーを紛□したこ とを全校の臨☆保護者会で初めて保護者に説明し、謝◎した。】というものである。5月の事故を半年も公表していないことから、暫くは本件についても説明が されないことが予想される。税金を納めるのが馬鹿馬鹿しくなってしまう。今後、何も説明がなければ、W市は千円程度の賭博は容認する組織ということにな る。たかが千円と思いだろうが、それが積もれば大金である。

    本件は最終的に微罪処分という形が適当と言える。微罪処分とは、警察が、犯罪を犯した成人の事件を検察に送致することなく、刑事手続を警察段階で終了させる日本の刑事手続を指す。起訴猶予付微罪処分に関して、昭和35年版犯罪白書に以下の記載がある。
    【司法警察員が犯罪の捜査をしたときは,事件を検察官に送致しなければならないとされているが,検察官に送致しても事案軽微との理由で起訴猶予処分になる ことが司法警察員からみても明白な場合には,正式な事件送致の手続をとらせるのは,無駄なこととしなければなるまい。しかし,その判断を司法警察員に一任 することは,不統一をまねく危険があるので,検事正がその一般的指示権にもとづき,管轄区域内の司法警察職員に対し微罪処分の基準を提示することにより, 統一をはかることになっている。この基準に該当する事件については,単にその処理年月日,被疑者の氏名,年齢,職業,住居および犯罪事実の要旨を毎月一括 して検察官に報告すればたりることとされている。
    現在,微罪処分の対象とされている事件は,おおむね,つぎのようなものである。
    (一) 被害僅少かつ犯情軽微で,賍物の返還その他被害の回復が行なわれ,被害者が処罰を希望せず,かつ,素行不良でない者の偶発的犯行で,再犯のおそれのない窃盗,詐欺,横領事件およびこれに準ずべき事由のある賍物事件。
    (二) 得喪の目的たる財物がきわめて僅少で,かつ,犯情も軽微であり,共犯者のすべてについて再犯のおそれのない初犯者の賭博事件。】
    今回の件は(二)に該当する出来事である。

    平成20年、携帯電話充電のために駅構内のコンセントから3銭分の電気を盗んだとして、K県警S署が女子大生(20)を窃盗容疑で摘発したことがニュース にもなっている。軽微な事件と言えども、K県警はしっかりと摘発をしている。娯楽としては一線を超えた賭博行為。その賭け金捻出の為に我々は税金を納めて いるのではない。S県警は今回の件をしっかりと摘発していただきたい。

  • #263930 返信

    投稿者の友人
    1. 今から一年前の8月8日、埼玉県和光市の小学校教員が千葉県の浜辺でウノ賭博に興じ、その模様をFacebookにアップ。運転手が飲酒している可能性も考えられます。何故、和光市の小学校教員か分かったかというと、リストにあった4人の名前です。4人の名前を検索すると、出てきたのが和光市立第五小学校4月号の転入職員欄です。これは、今も検索すると出てきます。投稿したのは、Iという女性教諭。他に名前のあったのが、O教諭・N教諭・Y教諭の3人。もう一人はFacebookをやっていないようなので、名前は確認できませんでした。ただ、本文に「職場のみんな」という表記があることから、名前のない女性も第五小学校の教員の可能性が高いです。私の友人がこの内容は不味いと考え、和光市教育委員会や埼玉県教育委員会に匿名で手紙を書いたものの、証拠となる記事を消されただけで、教育委員会のHPを注視していたものの、処分の記述がなかったとの話。ここで問題なのは、仲間内とはいえ、現金賭博をしている点と証拠隠滅を図った点です。娯楽を楽しむのは大いに結構ですが、社会的地位にある教員ならば、投稿すべきか否かは判断できるはずです。平気で賭博行為を暴露していることから常習性も疑われます。

    和光市内の小学校に関しては、隠蔽から公表した事件もあります。現在も残っている日テレニュース24の記事から引用すると、【埼玉県和光市の小学校の教師が、児童の写真や個人情報などを入れたUSBメモリーを紛失していたことが分かった。USBメモリーを紛失したのは、和光市立の小学校の女性教師。学校によると、女性教師は今年5月、自分のクラスの児童約40人分の顔写真や個人情報が入ったUSBメモリーを学校内で紛失したという。和光市は、児童の個人情報をUSBメモリーに保管して持ち出すことは禁止していた。学校と市は、紛失の数日後に把握していたが、保護者に説明したのは紛失から約半年がたった13日が初めてだという。現在のところ、個人情報の流出などの被害は確認されていないという。】というものです。報道されていないものの、地域のネットワークで知り得たことは、現金賭博隠蔽と同じ第五小学校の教職員であったということです。

    それからしばらくして、twitterで友達の友達の友達…というように辿っていったところ、賭博写真をアップしたI教諭のアカウントを発見。鍵も掛けずに全世界に公開。なんと、児童の写真を複数枚アップして、授業参観を軽んじる発言をしていたのです。4月下旬に埼玉県教育委員会に以下の文面と証拠となる写真を送付しました。

    教え子の写真をtwitterに掲載しても、教員を続けられるなんて、埼玉県教育委員会も和光市教育委員会も腐った組織ですね。採用するに当たって、SNSを適切に扱っているのか、調査もしないのですね?2012年に大阪市の小学校教諭が児童の写真をtwitterに掲載したことが問題視された報道がありましたが、それと同じケースですよね?twitterに鍵も掛けず、今も誰でも見られる状態ですよ。授業参観に関するつぶやきは、保護者を舐めた発言で怒り心頭です。パソコンに写っている付箋の番号「715515」は何かにアクセスする番号でしょうか?しかも、この女性教諭、ウノ賭博もしていますが?プロ野球界もバドミントン界も賭博問題に関しては、後手後手だったものの、公表しています。まさか、このまま隠蔽なんてことは無いですよね?千円は、子どもからしたら大金ですよ。今月中に何もアクションが無ければ、埼玉県教育委員会への報告も握りつぶされた経緯も合わせて、週刊誌に情報提供しますので。人事異動の記事を見ましたが、賭博の現場写真に写っている一人が教頭に昇進とは…、呆れました。写真の教員たちが、今この時も平然な顔をして、教壇に立っていると思うと、不愉快極まりないです。盗撮・肖像権の侵害・賭博…、新座市の教諭が盗撮で懲戒免職になっている前例に倣えば、同等の処分を受けるはずですよね?

    ↑送付から数日経つと、twitterのアカウントが削除されたのです。I教諭の異動先の小学校の知り合いの保護者によると、I教諭は退職したとのこと。手紙の効果が一応、有ったと思われます。

    その後、I教諭のへそピアス写真がI教諭の友人のtwitterに掲載されているのを発見したので、それも踏まえた上で、再び埼玉県教育委員会へ情報漏洩し続けた・隠蔽した事実を含んだ内容の以下の手紙を送付しました。

    2011〜2013年の和光市立広沢小学校は、不祥事の総合デパートだったのですね。交通費不正受給で処分確定・報道済みのA教諭、児童の写真無断アップロードにウノ賭博のB教諭、採用経緯暴露のC教諭。A教諭が処分確定・報道済みであるならば、B教諭とC教諭もそれ相当の処分が下され、報道されるはずですよね?まずは、これ以上の個人情報流出を防ぐために画像やアカウント削除に到るよう、動いていただき、ありがとうございます。ですが、B教諭がtwitterにクラスの子どもたちの写真を無断にアップロードし、私の指摘があるまで4年3ヶ月以上も全世界に公開し続けた罪は相当重いですよね?鍵を掛けていなかったことで、スクリーンショットや画面保存で誰でも容易に保存可能であったこと、それが犯罪の温床になっていたかも知れないことを考えると、解決はしましたが、朝霞の事件もあったことですから、謝罪だけでは済まない事態ですが?保護者からすれば、我が子の写真を許可なくSNSにアップされたら、プライバシーの侵害に当たり、さらに教育中に私用の携帯電話で撮影しているというのは由々しき問題ですよね?単なる本名のローマ字読みでtwitterに登録したのは、実に浅はかでしたね。教え子や保護者、地域の人が検索するかもしれないというリスクを考えないのは危機意識が欠如しているとしか言えません。学校や教育委員会は、SNSの持つ危険性についての指導を怠っていたのでしょうか?
    B教諭のご友人、twitterを非公開にしていますが、連動するtwitpicの方は画像が見られる状態にあります。そのご友人が投稿した写真を見て、愕然としました。B教諭、へそにピアスをしているではありませんか。偏見かも知れませんが、夢を持って、教師になりたかった人は、へそピアスをしないのではないでしょうか?隠せば良い・バレなきゃ良いという気持ちでいる先生よりは、自分の身体を大切にして、教師という職業をしっかりと見つめて、先生になった人の方が、子どもを預ける身としては、信頼できる人だと思います。「教師ならば、接する子ども・保護者・同僚に不快な印象を与えない。」ということも分からずに、ファッションやプライベートのことしか念頭に無い行動を曝け出すということは、公共の福祉や全体奉仕者という公務員としての理念を理解していないということになりますよね?退職すれば、退職させれば、懲戒処分すれば、だけで済む話じゃないのは、明白です。退職ならば、退職金が出ているということですよね?そうであるならば、怒り心頭を通り越して、呆然です。こういう人たちが教員にならないよう、今後はしっかりと人物を見極めて欲しいです。二ヶ月以上経ちましたが、今回の件は公にせずに隠蔽するんですね。がっかりです。先生って、嘘をついたり隠し事をしたりしている子どもに、正直に言いなさい。というように指導しますよね?本当に、がっかりです。和光市教育委員会や和光市の教員の腐敗ぶりには心底、呆れました。バイトの採用みたいに即日採用する教育委員会、それを口外する採用の決まったC教諭…。お茶汲みを印象を良くするためのものとして利用するだけでなく、会議で寝るとは…。しかも、トップ画像を見ると、B教諭との繋がりがこのC教諭はあるじゃないですか?賭博の証拠写真に対して、「えー楽しそー笑」など程度の低いコメントを残すなんて、教員の質としては如何なものでしょうか?やはり、交通費不正受給やUSB紛失を何ヶ月も隠蔽する組織は腐りきってますね。B教諭や学校及び教育委員会が謝罪する範囲は、B教諭がこれまで在職した小学校及び被害児童の進学先の中学校でしょうか?東灘高校野球部の金銭のやりとりがニュースになったのですから、此方もニュースになるはずですが、如何でしょうか?7月中に事態が公にされなかったり、進展したりしなければ、徹底的に糾弾しますので、悪しからず。A教諭の報道に倣うなら、B教諭やC教諭の報道は、こんな感じでしょうか。

    発生年月日
    平成24年1月24日から平成28年4月2✖日
    事件・事故の概要
    当該教諭は、平成24年1月24日から平成28年4月2✖日までの間、twitterに児童の画像を無断アップロード。鍵を掛けずに、全世界中の誰もが見られる状態にしていた。また、授業参観を軽んずる発言をしていた。

    発生年月日
    平成27年8月8日
    事件・事故の概要
    当該教諭らは、平成27年8月8日に千葉県長生郡の浜辺で、現金を賭けたウノ賭博に興じ、その模様をfacebookにアップロードした。他校の教諭らは「楽しそう」などとコメントをした。単純賭博罪適用。組織的隠蔽。

    発生年月日
    平成24年3月17日から4月11日まで
    事件・事故の概要
    当該教諭は採用経緯をtwitter上で、暴露した。子どもを指導する立場でありながら、職員会議中に居眠り、そのことをわざわざtwitterでつぶやいていた。

    というわけで、即効性のある御社に情報提供をした次第です。大分、話が長くなりましたが、今回の問題点をまとめると次のようになります。
    ①教育公務員という立場にありながら、現金賭博をして、その模様をFacebookで公開。飲酒運転の可能性もあること。
    ②友人が手紙を送ったにも関わらず、教育委員会が公表せずに隠蔽にまわったこと。私がそうした時も同様。
    ③情報漏洩していないUSB紛失は公表し、情報漏洩しているtwitter問題を公表していないこと。
    ④教育委員会が面接当日に内定を出していること。(C教諭のアカウントは今も閲覧可能)
    第三者の眼から見れば、他にも問題点があるかと思います。御社の取材力で、暴き出していただきたいです。よろしくお願いします。

    過去に報道された公務員の賭博と処分を調べ上げたので、参考までに添付します。

    ①山口県警察官ー2000年
    500円から1500円のサイコロ賭博
    →書類送検
    ②福岡県中学校教員ー2003年
    一口300円から500円の野球賭博
    →書類送検
    ③日本下水道事業団職員ー2005年
    一人1000円の野球賭博
    →書類送検
    ④総務省職員ー2007年
    一人1000円の野球賭博
    →書類送検の後、減給・戒告・訓告
    ⑤練馬区職員ー2008年
    一口200円のボウリング賭博
    →書類送検の後、訓告
    ⑥高岡市職員ー2008年
    賭けゴルフ
    →書類送検の後、訓告・厳重注意
    ⑦座間市職員ー2009年
    数千円から一万円のトランプ賭博
    →書類送検の後、停職・減給→依願退職
    ⑧佐賀県警察官ー2012年
    数百円から数万円のボウリング賭博
    →書類送検の後、減給→依願退職
    ⑨愛知県警察官ー2013年
    賭け麻雀
    →書類送検の後、停職・訓戒
    ⑩三沢市消防本部ー2014年
    一口1000円のW杯賭博計画
    →厳重注意
    ⑪我孫子市消防署員ー2014年
    バカラ賭博
    →書類送検の後、減給→依願退職
    ⑫和光市小学校教員ー2015年
    1000円を賭けたウノ賭博
    →?

    私が埼玉県教育委員会に知らせなければ、I教諭はずっと、受け持った子どもたちの画像をtwitterで全世界に公開し続けていたままだったでしょう。情報提供したにも関わらず、報道・謝罪が無いのは、おかしいです。これが組織的隠蔽かと実感しました。9月24日にI教諭はFacebookの自身のプロフィール画像をイタリア旅行のものに変更。子どもたちや保護者に謝罪せず、海外旅行を楽しんでいる姿に苛立ちました。知る権利が無いなら、税金は払えません!徹底追及をよろしくお願いします。

  • #264059 返信

    通りすがりの和光市民

    松本市長の座右の銘は、『説明責任』らしい。この件が事実なら、説明責任を果たしてもらいたいものですね。市長もtwitterをよくやっているので、何だか心配です。

  • #264322 返信

    さつきちゃん

    「ホームページ上では、個人情報に関わる内容は非公開とさせていただいております。ご了承ください。」と記載のある広沢小学校のホームページ。事件が事実なら、子どもの写真を垂れ流しておきながら、矛盾してますね!揉み消した理由は、誰かの出世の妨げになるからですかね?腐ってますね!

返信先: 立校教員の給料は我々が汗水垂らして働いて納めた税金が原資となっている。そのお金が賭博行為に使われていたとしたら…
あなたの情報:




2 + 8 =

Hey there!

Sign in

Forgot password?
Close
of

Processing files…