逆差別の解消並びに公務員試験等雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等について(依頼)

  • Posted In: 世直し掲示板


  • ゲスト
    #180414

    平成 27 年 6 月 21 日
    ※※専決等不可:要本人伝達
    報道機関・政治団体・労働団体・人権団体 代表者 各位
    国会・地方議会議長・議員 各位
    地方公共団体 首長 各位
    外 管理職 各位
    人事院 総裁 殿
    事務総長 殿
    総務大臣 殿
    事務次官
    行政評価局長 殿
    地方管区行政評価局長 各位
    地方行政評価支局長 殿
    地区行政評価分室長 各位
    地域行政評価事務所長 各位
    厚生労働大臣 殿
    事務次官 殿
    職業安定局長 殿
    雇用均等・児童家庭局長 殿
    高橋 エマニエル=努

    逆差別の解消並びに公務員試験等雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等について(依頼)
    近頃,民間企業のみならず官公庁においても,高齢者とともに女性の優先採用及び管理職積極登用が,騒がれております。
    しかし,差別と言うものは,年齢又は性別を理由に,当該者とは異にする性別若しくは年齢層に属する者よりも高得点その他優秀な成績を得た者を,不当に冷遇するものであり,差別是正とは,年齢又は性別を理由に不利益を得そうな者に平等な処遇をすれば十分であります。
    そもそも,優遇も差別の一です。
    例えば,採用試験において男性より高得点の女性を,専ら女性であることを理由に不合格にするのが差別であり,これを是正するのが男女平等政策であります。
    男女不問で,成績順で機械的に合否を決定すれば十分であります。
    しかし,似非同和又は在日特権の如く,いつしかこれが女性の猛烈な優遇政策へと変質して行きました。
    むしろ単に女性であることを理由に,他の男性たちよりも明らかに得点の低い者を優先して採用し,若しくは女性優先採用を公然と謳い,又はノルマ消化のために無理をしてでも女性管理職を登用したりと,甚だグロテスクな様態へと変貌しました。
    まして,民間企業のみならず,本来,厳正公正な実証に基づく成績・能力主義たる競争試験人事を貫徹すべく公務員の世界においてまで,この様態が感染しております。
    これは,国家公務員法及び地方公務員法に明白に違反する行為であります。
    むしろ,人事担当管理職にこそ,お局を積極的に起用すべきです。
    若年者特有の右脳言葉のおしゃべりトーク(一見人当たりが良く,明朗快活で口数が多いも,言葉に深い意味がなく,周囲に配慮せず,首尾一貫せず,人の話を聞かず,人の言葉を遮る,要は傾聴の姿勢が毛頭なく,対人業務に甚だ不適格。)に騙されがちで(男性も含めて単に若くて元気が良いだけの者ばかりが採用されてしまう。),若年女性に不当に甘すぎる男性の視点による逆差別人事を破壊し,右脳言葉への耐性が強い女性年配者の厳正な視点による,年齢又は性別に影響されない中立公正な人事の実現にも寄与できます。
    差別解消は大歓迎ですが,逆差別は更なる差別及び戦争を生む,憎むべく悪であります。
    あくまで,差別をしない,程度に抑制させた上での,年配者又は女性等の積極登用を励行されたく要望します。
    併せて,年齢制限の大幅緩和若しくは撤廃並びに一次試験におけるエントリーシート若しくは論文等役所当局裁量科目の採点を保留(専ら業者委託・機械採点の学科のみで合否を決定)し,又は当該科目の採点の外部委託(埼玉県和光市の口述試験で実現済み)を励行し,公務員諸法令を順守した厳正公正な実証に基づく成績・能力主義たる競争試験を貫徹されるよう,切望します。

Close
*
*

このトピックに返信するにはログインが必要です。

記事は気に入っていただけましたか?

あなたがご利用のSNSをクリックして、この記事に対する評価、感想、「いいね」「シェア」をお願いします
何もせず続きを読む

Send this to a friend