注目→
ホーム » 社会問題 » 情けない!!日本国総理候補者の顔ぶれ落ちぶれ 国民無視の国賊者、老害に操られ右往左往のドタバタ

情けない!!日本国総理候補者の顔ぶれ落ちぶれ 国民無視の国賊者、老害に操られ右往左往のドタバタ

Loading...

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。



野田はノーダと問責されたドジョウ再登場

ノーダドジョウの鉄面皮には恐れ入りしの鬼子母神。問責決議されたのに、代表選に出る?秋の臨時国会で問責可決されたノーダを代表にして、どのように国会を乗り切れるのか? 国会を冒涜するのかと言いたい。イケメン口先男トリオの前原・細野も代表選に出馬の気配を見せたが、執行部に脅かされて腰砕け。情けない輩だ。
原口、鹿野、日和見主義の優柔不断男が代表選に出るなどフザケルな。己の顔を鏡で見て見ろ。総理の器か!大馬鹿者が、己を知れ!

ノーダ池のドジョウと比べてもそん色ない貧乏ズラだ。
自民党もよくもこれだけ人材不足に陥ったものだと感心する。谷垣も相変わらず空気が読めず、野田のペテン・サギにはまり、ドジョウを逃してしまい、総裁選も女房役の石原幹事長に裏切られ、アウト。明智光秀の石原伸晃よ。オマエのオヤジ慎太郎都知事はオウムから裏献金をもらい、「宗教法人」の許可を与えたと言われ、四男は上九一色村のサティアンで麻原教組の肖像画を描いている。

殺人集団オウム教の暴走を手助けした張本人だと名乗れ。
安倍、石破、町村、民主党の原口、赤松と同じように己の顔を鏡で見て見ろ。

己の器を知らない者達の茶番劇

我が国はいったい、いつからこんな情けない政治家ばかりになってしまったのだろうか? 国家国益のために外国と掛け合い、国民の幸福、安心のために政治生命をかけるのが、使命と心得る政治家が消えてしまった。役人は役人で、国民の公僕たる使命を捨て去り、省益、権益ばかりを囲い込み、国民を幸せにすると言う行政の責務を忘れ去っている。日本丸の船頭たる野田総理は愛嬌のあるドジョウ顔が、今では薄気味の悪い「貧乏神顔」に成り下がっていることに、己は気づいていない。稀代の実業家「松下電器の松下幸之助」が「国民が豊かになるように」との思いで私財を投じて作った「松下政経塾」の出身政治家に松下爺の理念を持ち合わせた塾生がいるとは思えない。
吉田松陰の「松下村塾」は己の身体をかけて近代国家の為に捨て石になった塾生とは大違いである。
野田総理も口だけは達者で、体をかけてと安易に発言するが、野田のやったことは国民の幸せとは程遠い。
「消費税増税」と「原発再開」だけである。よくもこんなやつがまだ民主党の代表選に出るとは、「厚顔無恥」どころか「鉄面皮」だ。

この国賊者を代表に容認しようとする民主党員は全員「国賊者」であり、国民の敵である。総選挙をすれば崩壊どころか壊滅は間違いない。民主党の議員は大敗することを承知して、代表に選出すると言うことは、解散・失業が恐ろしくて来年の任期満了まで居座る腹のようである。
国会ジャックをしかけ解散総選挙をトコトン延ばすつもりらしい。
私利私欲のため国民の生活を見殺しにする民主党に投票する馬鹿な国民はいないだろう。
謀反人石原伸晃が総理総裁の有力候補だって?(笑)
ペテン師ノーダ総理にだまされ、「近いうちに解散総選挙」のニンジンを鼻先にぶら下げられ、三党合意で「消費税増税」と「原発再会」に賛成したとたん、鉄面皮の野田は知らん顔。空気の読めない谷垣は、あわてて「参院国会」で内閣不信任を提出、賛成多数で可決。翌日から参院通常国会は休業停止。まんまとドジョウ・ノーダ総理に逃げられてしまうとは、谷垣という男はよくよく先の見えない男である。
親分の加藤公一の時も、「あなたは親分だから、ここは我慢してくれ」と泣いてすがりつき、親分の政治生命を奪ってしまった。
今回の谷垣総裁女房役の石原幹事長の謀反にあい、寝首を取られる始末。
石原伸晃もオヤジ。石原慎太郎の七光りでここまでこれたが、石原伸晃が日本国総理として諸外国首脳と対等に同じ土俵にたてる器だと思っているのだろうか?

 石原のオヤジはオウムから裏金もらって宗教法人を許可した張本人

石原慎太郎とオウム
石原慎太郎の発言も、このごろは老人ボケかな?と首を傾げることが度々ある。 自称、最後の大物フィクサーと称する奇人がいる。その奇人曰く、「石原慎太郎はオレのいうことはなんでも聞く」と吹聴している。オウムの麻原教祖から頼ま れて?億円の裏献金を渡して東京都から「宗教法人」の資格を取ってやったんだ!その証拠に、慎太郎の四男坊の画家はオウム信者で、上九一色村のサティアン 本部の壁面に麻原教祖の肖像画を描いている。
サリン事件でサティアンに一斉捜査が入ったときも、顔に洋服を被せて連れ出し、日本においていたら やばいので、アメリカに留学させて、難を逃れたのも、「すべてオレが手配してやった」。また、石原は小沢の悪口ばかり言っているが、石原も水谷建設から? 千万円の金をもらっており、人のことをとやかく言えるような奴ではないとも言っている。
大物フィクサーが言っていることが事実だとすれば、オウムのサリンによる大量殺人事件は、石原慎太郎都知事が宗教法人を認可したために暴走したとすれば、石原都知事の責任は重大であり、被害者に対して、真っ先に謝罪すべきであり、殺人者集団の片棒を担いだことになる。
道義的には共犯者と言われても仕方あるまい。オヤジの総理の夢が破れた今、親の望みを叶えるべく、息子の伸晃が日本国の総理になるとは、「悪い冗談だろう」と言いたい。
オウムの暴走に荷担した宗教法人の認可によって、多くの犠牲者が出たサリン事件。その認可に裏金が動いていたとすれば、許されることではない。
伸晃の総理総裁など、阻止すべきである。
安部、石破、町村も総裁選に出馬、こやつらも己を知らなすぎ輩ばかりであり、あわよく第一党を取れば、総理の座も転がり込んでくるつもりであろうか。
しかし、大阪市知事橋下が率いる大阪維新の会が、第一党になる可能性の方が大きい。自民党が国民から支持されていると石原、谷垣、石破、安部、町村たちが 思いこんでいるとすれば、谷垣と同じ、「K.Y男」であり、おめでたいやつらであり、ノーダ池の野田ドジョウと甲乙つけがたい。

Loading...

オススメの記事です


コメントをどうぞ

コメントを頂きましてありがとうございました。

投稿へ書き込みはページ下のコメント欄からお願いします。(匿名OK。公開されます)

世直し掲示板への書き込みはこちら からお願いします。(匿名OK。公開されます)

編集部へのご連絡・情報提供はこちら からお願いします。(匿名OK。非公開です)

あなたのフェイスブック、ツイッター、ラインなどのSNSでの拡散は左のボタンをご利用ください