注目→
ホーム » 社会問題 » 未成年飲酒強要し恐喝 関係者逮捕 営業停止厳罰処せよ!!歌舞伎町ホストクラブUs(ユース)

未成年飲酒強要し恐喝 関係者逮捕 営業停止厳罰処せよ!!歌舞伎町ホストクラブUs(ユース)

Loading...

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

新宿歌舞伎町のホストクラブ「Us(ユース)」において、組織ぐるみで未成年に飲酒を強要し泥酔させたうえで、飲食代と称して法外な金額を請求し、恐喝行為を繰り返している。
問題のホストクラブは、店名「Us(ユース)」(東京都新宿区歌舞伎町1-2-13新光ビル8F)で、以前は「シャララ」という名前で営業していた。この店は、過去に違法な客引き行為で検挙もされている。

本紙に入った情報によると、このお店に勤めるホスト「羽奈」が、自分がなかなか客が取れないために、未成年の女の子と知り合った際、言葉巧みにその少女をに偽の身分証で入店させ、少女が飲酒を拒否しているにも関わらず、仲間のホストと共謀して少女を泥酔させた上、あたかも少女が自ら飲食をしたかのように見せかけ、明かに法外な飲食代、57万円を請求。もちろんその少女は、そんな大金を持ち合わせないために、羽奈は少女に売掛金として57万円の借用書を書かせ、支払わなければ家族や関係者にばらすしひどい目にあうぞと脅迫し、借金返済を迫った。
未成年に対してそのような借用書は法律的に無効であるし、そもそも未成年に飲酒させること自体、羽奈及びUs(ユース)の従業員が重大な法律違反をしている。しかし少女は羽奈に脅迫を受けたことから、自ら借金返済をするために、売春をするようになってしまった。
そして少女が売春で得たお金を返済しに行ったにもかかわらず、返済した際に領収書や青伝等の受領証明などを出さず、また残りの返済額に関しても、あやふやにして、搾取を続けている。
こうしたクズ人間「羽奈」およびその共犯者は、そっこく逮捕し刑務所に送られなければならない。また警察や関係機関はその犯罪の舞台となっているホストクラブ「Us(ユース)」も即時営業停止し、二度と少女がこのような悲惨な犯罪の犠牲にならぬよう、監視の目を強めていかなければならない。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
岸見 一郎 , 古賀 史健 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え 520日間100位以内 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え(928) 新品: ¥ 1,620 ポイント:  49pt (3%) 70点の新品/中古品を見る: ¥ 1,172

Loading...

オススメの記事です


コメントをどうぞ

コメントを頂きましてありがとうございました。

投稿へ書き込みはページ下のコメント欄からお願いします。(匿名OK。公開されます)

世直し掲示板への書き込みはこちら からお願いします。(匿名OK。公開されます)

編集部へのご連絡・情報提供はこちら からお願いします。(匿名OK。非公開です)

あなたのフェイスブック、ツイッター、ラインなどのSNSでの拡散は左のボタンをご利用ください