詐欺師逃げ得泥棒行為に断罪。金返せ山田浩三&直美

平成22年6月15日、東京地方裁判所民事第一部において、芹沢裁判官より判決が言い渡された。「1、被告、山田浩三及び株式会社インタープロデュースは、原告に対して8750万円返せ。及びその金利分も払え。2、山田浩三は原告に対して2300万円返せ。1800万円に対する平成19年10月1日からの金利分を支払え。500万円に対する平成20年4月1日からの金利分を支払え。3、山田浩三とその妻である山田直美は原告に対して1000万円返せ。及びその金利分も払え。」

 このように大変厳しい判決が出たにもかかわらず、山田浩三は未だに裁判所の命令に従ってお金を返さない。お金を返せない深刻な経済的事情があるのだろうか。取材を進めていくにつれ、実に不可解かつ驚くべきあきれた実体が明らかになった。

他人名義で高級外車を乗り回す

現在、山田浩三は家族と一緒に東京都目黒区にあるサンヒルズに住居を構えている。ここは俗にいう高級マンションであり、なぜ一億二千五十万円の債務を抱えているものが、呑気にそんなところに住んでいられるのであろうか。さらに山田浩三はシボレー・ブレイザーとベントレーといった高級外車をプライベートでは得意になって乗り回している。

さらに仕事の際には運転手つきのベンツを使用している。しかし、これら車両の名義はそれぞれ川崎淳士、赤尾隆子と、いずれも山田浩三の名義にはなっていない。裁判所から巨額な支払い命令が来ているにもかかわらず、呑気にバブル生活を謳歌していることからも、山田浩三が計画的に借金を踏み倒すべく、画策していたことが容易に想像できる。

 山田浩三が裁判所に一億二千五十万円の返済命令がなされた詐欺事件の経緯であるが、山田浩三が、田園調布にある権利関係の入り乱れた土地を、あたかも自分が権利を持っているかのように話を持ちかけて、そのとりまとめ金としてお金が必要だと言って巨額のお金を借りるために、連帯保証させ、返済日が来たら返済せずにスタコラさっさと逃げて、連帯保証人に債務を押し付け、さらにお情けで貸してあげた1000万円も、「借りた覚えはねえ」と言わんばかりにすっとぼけ、あまりにもひどい行状にあきれた裁判官から「一億二千五十万円を返済せよ」と命令されたにもかかわらず、代理弁護士を通して「一円も払わねー」と言ってのけるのである。

下品な赤ぶち眼鏡をしている理由

12sared2そのような厚顔無恥な乞食泥棒山田浩三は、イッタイ何の仕事をしているのだろうか。
詐欺師まがいのブローカーであることは間違いないのであるが、趣味の悪い赤縁眼鏡をしていることからも分かるように、芸能関係の仕事をしているらしく、山田浩三の連帯保証人の川崎淳士は山田浩三の娘も、アメリカでレコーディングをさせてCDデビューをしているらしい。

 判決文に出てくる、山田浩三の妻、山田直美もずうずうしさと厚顔無恥さは一流である。というのも、お情けで貸してあげた1000万円を、裁判になった途端、「借りた覚えはない」と言ってのけるのである。しかし、そんな馬鹿な言い訳が、裁判所で通用するはずもなく、神様もお見通し。東京地方裁判所から、1000万円の支払い命令が山田直美に下されたのである。

山田浩三、その妻、山田直美こうした詐欺ブローカーに、これ以上だまされる人が出ないよう、ただただ祈るばかりである。


8 Comments
  1. 匿名 says

    この件は目黒に有る●●●●●●社長が、国際新聞に、毎月三万円払って嫌がらせして居ると聞きましたが(ご投稿者様へ、すみません、法規制を考慮し、裏の取れない情報に関しては伏せ字にさせてもらいました)

    1. 編集部 says

      それに関してはおっしゃっていることとは事実は違います。まぁ、でも、当然、いろいろな噂は出るでしょうね。

  2. 匿名 says

    自称事件屋荒◯◯◯と密接な関係とのこと。未だに悪いことばかり。早く捕まればいいのに。(ご投稿者様へ、すみません、法規制を考慮し、裏の取れない情報に関しては伏せ字にさせてもらいました)

    1. 編集部 says

      どうも!それはどちらのこと言っているのかわかりませんが、いずれであろうと悪いことをしているのはよくないですね。

  3. 江戸川直一 says

    ニコニコ動画「芸能番リターンズ」で降板した記者を、恫喝事件、訴訟に発展の勢い。ネットでは「ガセネタばかりの記者を出すな」と炎上。

    1. 編集部 says

      その逆のケースもありますよね。
      報じていることはデタラメだ、名誉毀損だと言っていた張本人が、結局クロだったというもの。
      警察を挑発していたPC遠隔操作事件の犯人なんかが、最近ではその代表例でしょうか。

      国際新聞社が毎月三万円もらってるなどというのも、どこから出た話かわかりませんが、裁判になればそれがうそかまことか明らかになるでしょう。

  4. 匿名 says

    山田直美は、今38歳の方ですか 私もお金を返せと言いたいです アイソトープの代表取締役をしたていたひとならば。

    1. 編集部 says

      コメントありがとうございます。残念ながら、ご指摘いただいた人物であるかどうかは、コメント内の情報だけではわかりません。旦那の方は医療コーディネート的なことをやっているという情報は入っております。

コメントをどうぞ

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

記事は気に入っていただけましたか?

あなたがご利用のSNSをクリックして、この記事に対する評価、感想、「いいね」「シェア」をお願いします
何もせず続きを読む
コメントを頂きましてありがとうございました。

投稿へ書き込みはページ下のコメント欄からお願いします。(匿名OK。公開されます)

世直し掲示板への書き込みは こちら (匿名OK。公開されます)

編集部へのご連絡・情報提供は  →こちら (匿名OK。非公開です)

国際新聞社をめぐる様々な噂についてはこちら →国際新聞社について

 

Send this to a friend