注目→
ホーム » 社会問題 » 保護されるべき匿名と許されない匿名。中傷記事のネット転載は名誉毀損という司法判断について

保護されるべき匿名と許されない匿名。中傷記事のネット転載は名誉毀損という司法判断について

Loading...

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

2ちゃんねるに書き込まれた中傷記事を転載した記事に関して、名誉毀損に当たるという東京高裁の判決が出た。 国際新聞社も、誹謗中傷、名誉毀損を指摘されたり、訴えられることがたびたびあるので、この裁判の記事は気になった。 これに対しての見解を述べる前に、まず、記事を読んでいただきたい。

中傷記事のネット転載は名誉毀損…東京高裁判決

2ch2ch 読売新聞 12月3日(火)13時41分配信 インターネット掲示板などに書き込まれた中傷記事を「2ちゃんねる」に転載した匿名の投稿について、東京高裁が、転載でも名誉毀損(きそん)に当たると判断し、海外在住の日本人男性の訴えを認めて、投稿者の氏名などの情報開示を契約プロバイダー(接続業者)に命じる判決を言い渡していたことが分かった。

投稿者の特定を受け、男性は先月、名誉毀損容疑で警視庁に告訴状を出した。インターネットでは、匿名人物による真偽不明の書き込みや、安易な転載が横行しており、警鐘を鳴らす判決と言えそうだ。

判決によると、問題の転載は昨年3~5月頃、ネット掲示板「2ちゃんねる」で匿名の投稿者によって行われた。他のネット掲示板や雑誌の記載内容を引用し、男性が国際間の違法送金や資金洗浄に関与しているかのように書かれていた。

男性は昨年10月、投稿者を特定するため、投稿者がネットを利用するために契約しているプロバイダーを相手取り、情報開示を求めて提訴したが、東京地裁は「公開されている内容を転載したものに過ぎず、それ以上に社会的評価を低下させるものとは言えない」として請求を棄却した。

しかし、今年9月の控訴審判決は、書き込みの内容を「真実ではない」としたうえで、「2ちゃんねるを見た多くの人が、転載元の記事や雑誌を読んだとは考えられず、情報を広範囲に広め、社会的評価をより低下させた」と認定。

匿名で具体的根拠も示さない一方的な転載は公益性もないとして、逆転勝訴を言い渡した。プロバイダー側は上告せず、控訴審判決が確定した。投稿者の氏名や住所などは同月、開示された。 氏名などの特定を受け、男性は名誉毀損容疑で投稿者を告訴。元になった書き込みを行った人物についても特定を進め、損害賠償請求を検討するという。

今回の訴訟と告訴で代理人を務めた最所(さいしょ)義一弁護士(横浜弁護士会)は「『転載しただけ』という弁解を許せば、悪意を持って拡散させることも許されてしまう。転載だけでも名誉毀損になると認めた判決は画期的ではないか」と話す。

一部では、「司法が狂っている!」「2ちゃんねるは終わりだ」「報道の自由がなくなる!」などと騒いでいますが、弊社としてはこの判決は、至極当然の判断だと考えるし、当社としてもこの判決を歓迎したい。そう書くと、「お前が言うな!」と脊髄反射的な反応をする方もいるかもしれませんが、そういう方は、ぜひ次に述べる国際新聞社の言い分を熟読していただきたい。 上記の司法判断で、重要な部分は、裁判所は、そもそも、2ちゃんねるに書き込まれた情報が、「真実ではなかった」という前提条件があっての裁判であり、判決であることです。

つまり、デタラメなことを、「匿名」で2ちゃんねるに書いている時点で、すでに名誉毀損が成立しているのは、だれが聞いても、当然のことだと思います。しかし、近年、情報過多の時代において、こうした背景事情まで十分に理解する前に、最初のタイトルだけみて判断してしまう人が、非常に多いのです。

そもそも、2ちゃんねるなどにおける匿名性と、報道機関における匿名性とは、同じ匿名でも性質がまったく異なると考えています。 弊社は情報提供者の匿名性を守ります。なぜならば、弊社は弊社の記事が公益に適うという意思と目的があるからです。不正糾弾、弱者救済というのは、そういうことではないでしょうか。一方、2ちゃんねるにおいては、誰がどういう目的でそこに書き込んだのか、まったくわかりません。当然、かかれた内容もうそか本当かわからない。

しかし、書かれた内容が、真実として一人歩きしてしまうのが、インターネットの怖い所です。その書き込まれた内容が、あなたにとっていい目的なのか、悪い目的なのかわからないのに、あなたはその書き込まれた内容を見て、なんの根拠もなしに、印象だけが残ってしまう。 かく言う弊社も、2ちゃんねるを利用しますし、2ちゃんねるを引用することもあります。 2ちゃんねるという巨大な匿名掲示板は、弱い立場の一個人が、大企業や巨悪に立ち向かうのにあたり、非常に役に立つ、頼もしいシステムです。

しかし同時に、悪しき目的で使用されることもしばしばあります。 今回裁判になった事件にあたっては、まったくでたらめの内容であったということは、これは悪しき目的で2ちゃんねるがりようされたということであります。 ぜひ、これを読んでいただいた読者の方々だけでも、2ちゃんねるの利用に際して、前なる目的に適った使い方を心がけていただければと思います。

Loading...

オススメの記事です


7 コメント

  1. このコメントは相当に間違っていると思われます

    まずその情報がもたらされたのは広告によるものであり、その人がデッチ上げた
    悪意のある偽情報ではないことが挙げられます。
    この場合でも転載が名誉毀損となるのであれば、いかなる情報であっても
    個別単位でその情報の正確さを判定しろというのと変わりないからです

    一個人が情報の真偽を確かめるというのには限界があると指摘します。
    その上で真な情報しかネット上に開示出来ないとするのなら
    あらゆる匿名掲示板や感想を書き込むサイトなどはその役目を
    果たせなくなるでしょう

    そうういった意味において、この判例は支持できるものではありません

    Loading...
    • ご投稿有難うございます。
      そもそも、弊社もこの記事がどのようなものであったか、実際の書き込みを見ておらず、ただ単に他の新聞社が報じる裁判結果の
      新聞記事を見て、その裁判結果に対する所感を書いていおり、この裁判結果に関して、あれこれ言える資格がないのかもしれません。

      名誉毀損に認定された投稿記事がどのようなものであったのか、確認しなければ、正確なことは言えませんが、
      少なくとも、裁判官が、その引用の仕方を見て、「名誉毀損」であると認定するからには、
      よほど、根拠に乏しい、一方的な書き方であったことが想像できます。

      弊社のこの裁判結果に対する所感は、実は裁判結果やその名誉毀損の記事がどうであったかに関しては、
      あまり関心はありません。

      それよりも、この裁判結果の判決の元となった司法判断である、

      『転載しただけ』という弁解を許せば、悪意を持って拡散させることも許されてしまう。転載だけでも名誉毀損になると認めた判決は画期的ではないか」

      という部分に関して、この弁護士のコメントを以って、インターネットを利用する人たちに、インターネット上に流れる情報に対しての
      リテラシーを啓蒙したいという意図があって、この所感を書きました。

      一個人が情報の真偽を確かめるというのには限界があるといいますが、
      それはそのとおりだとおもいます。そうした真偽を確かめる役割を、新聞、雑誌、テレビなどのメディアがすべきであります。
      しかし、一個人であっても、真偽がわからない、わかりにくい情報に関して、
      それはそれなりに、そうであることがわかるような書き方を工夫すべきで、
      そうしたことにより、インターネット上にある情報の秩序を保つべきではないかと考えるのが、
      当社のスタンスです。

      Loading...
  2. 人の社会的価値は第三者が判断する外観的が印象に基づくものであり
    その殆どが証拠のないレッテルからくるものだと思います。

    つまり真の問えない課題でもあるのです。
    そういった曖昧な価値に、情報の真偽だけで名誉毀損にあたるとする
    風潮は広めるのは大変に危険だと指摘します

    もし、不確定な情報をすべて名誉毀損として扱うようになると
    危険人物への対応が困難になるでしょう。
    悪徳企業に対してもその証拠を突き止めることも困難になります
    何故なら、そういった助長はすべて疑いからくる噂をもとにして
    調査されるものと思っていますから

    疑わしい段階であっても、その情報を広めるのは人間社会にとって
    不可欠な防衛策ではないでしょうか?

    書き方に工夫すべきというそちらの主張は理解できます。
    相手に配慮した言論は必須かもしれませんが、それは理想論の範疇
    から脱し得ないものだと思います。人から人に情報が渡る時100%
    原型を留めたものにはなりません。すべての人に平等な価値観で伝える
    文章など不可能ですし、それにできるだけ近づこうとしても文面が長くなる
    ばかりで、伝えるべき事柄が薄れてしまいます。

    この判決の先に見えるのは言論統制でしょう

    「実質的な被害が出た後でしか対処出来ない世の中は正常ですか?」

    Loading...
    • 悪事に対して、実質的な被害が出たあとでしか対処できない世の中は、正常だとおもいます。
      被害が出なければ、被害者はいないわけですから。
      被害者がいないのにもかかわらず、悪を犯すかもしれないから、という理由で罰するほうが
      言論統制につながるのではないのかなぁ?とおもいます。

      かと言って、弊社は決して悪が野放しにされる状態をよしとはしていません。
      弊社の記事を見ていただければ、どこよりもより強い口調で、
      悪事、不正を糾弾していきている様子を見ていただけるとおもいます。

      ただ、不正を糾弾するという立場に身をおいているからこそ、
      もし、言われもないようなあやふやな情報、もっと言うなれば、
      事実とは異なる情報を元に、悪事を糾弾してしまったら、
      悪を悪で制すような状態になってしまい、
      糾弾する方も悪になってしまいます。

      あまりにも話が現実離れしてきてしまいましたが、
      例えば、インターネットを見ると、
      弊社は、たまたま名前が同じせいで、
      韓国の国際新聞と勘違いしている人がいるようで、
      その完全にでたらめな情報を元に、
      弊社を朝鮮のスパイ機関だと、もっともらしく
      噂している人もいます。

      あまりにも馬鹿げて、言い返す気にもなりませんが、
      この状態は、いうなれば、
      「実質的な被害を出すのではないかと勝手に決めつけられて、
      いわれもないことで攻撃される」状態といえます。

      インターネット上の間違った情報やうわさ話がひとり歩きし、
      いわれもないうわさを実際にされる立場になると、
      きちんとした情報を元に、事実を伝える努力を怠っては
      いけないと思うし、そうした間違ったうわさで名誉毀損される
      人たちの気持ちも理解できますし、そうした状態を
      法で守ってくれるのは、当然のことかなとおもいます。

      悪いことをした者を罰することは、絶対に必要です。
      しかし、その罰は、その悪事に応じた罰を下すべきで、
      そうした意味で、悪事糾弾も、正しい、根拠ある、事実を元に
      糾弾するべきであると考えております。

      間違った情報やあやふやなうわさ話を元に糾弾していたばっかりに、
      その糾弾対象から、「お前の言っていることはでたらめじゃないか!」
      と言われてしまえば、かえって相手に反論の機会を与えてしまうことになります。

      悪事を糾弾するからには、相手に反論の余地を与えない、緻密な事実と
      確固たる証拠を元に、糾弾すべきではないでしょうか。。

      Loading...
  3. 罰を与えれば解決するのでしょうか?
    人殺しを極刑にしても「殺された人は戻ってきません」。
    なのにあなた方は人が殺されないとその人を罰し得ないし
    罰をあたえればそれで済むという考えなのでしょうか?

    それでも悪事に対して、起きた後でしか対処できないのは
    正常だと言いはるのですか?

    私は不確定情報であっても、それらを事前入手出来る環境が
    確立されており、それによる自己判断で予防が出来る社会
    のほうが末端管理が出来ると思いますし、その判断を誤って
    被害を受けるのなら、自業自得といえるのではありませんか?
    被害を受ける前に対処可能ならば大切な人が殺されることは
    なかったはずです。そうでなければ死ぬべき人は救えません

    情報統制によるメディアの一本化では、結局その情報を処理する
    側のエゴ報道にしかならないでしょう
    いくつかの別視点からみた見解も同時に報道されるべきであり
    どの見解に耳を傾けるかは人それぞれであり、個人判断とする
    べきだと思いますよ

    あなたがたの主張はどこまでいっても、言論統制だとおもいます
    それでは人々の人権を無視した結果にしかならないでしょう

    Loading...
    • おっしゃることはわかります。
      でも、話があまりにも抽象的になり過ぎてきているとおもいます。
      もっと現実に則して、かつケースバイケースで考えていくべきかとおもいます。

      確かに私共がはじめに提供した話題が発端になって入るのですが。。。

      ただ、議論のための議論になってきているように感じます。

      私共ももちろん、人殺しは人を殺した後しか罰せられないなんて、おかしいと思いますし、
      被害者が被害を受ける前に救われるべきであると思いますし、
      情報統制によるメディアの一本化はエゴ報道になってしまうという危機感もわかります。
      言論統制をすべきでないですし、人権を無視するべきではないとおもいます。

      理想はそうかもしれませんが、でも現実は、悪いことをやっているやつに対して、
      新聞で「あいつは悪いことをやっている」と書くと、
      その悪いやつが名誉毀損の内容証明を送り付けてきます。
      その悪い奴が名誉毀損で刑事告訴してきます。
      いくら相手が悪いことをやっていても、裁判官や警察にそれを上手に説明できて
      納得させることができなければ、自分が悪者に認定されてしまいます。
      相手のほうが悪いことをやっているのに、自分が悪者にされてしまうのです。

      どなたかわかりませんが、あなたも矢面にたてば、こういった不条理を
      痛感することとおもいます。

      ていねいに書くとまた抽象的な話が長くなってしまうので、
      はしょって短くいいましたが、
      理想を思い描いていても、現実は矛盾だらけなわけです。

      議論はすれ違ったかもしれませんが、考えていることは同じだとおもいます。

      Loading...
      • 情報提供有り難うございました。。

        Loading...

コメントをどうぞ

コメントを頂きましてありがとうございました。

投稿へ書き込みはページ下のコメント欄からお願いします。(匿名OK。公開されます)

世直し掲示板への書き込みはこちら からお願いします。(匿名OK。公開されます)

編集部へのご連絡・情報提供はこちら からお願いします。(匿名OK。非公開です)

あなたのフェイスブック、ツイッター、ラインなどのSNSでの拡散は左のボタンをご利用ください