秘密保護法案に断固反対する―国際新聞社の秘密保護法に対しての見解

国際新聞社の秘密保護法案に対しての見解は日本地方新聞協会の方針に準じます

ダウンロード (1)

 我国ではすでに現行法の国家公務員法で、仕事を通じて知り得た秘密を守るように義務付けられており違反すれば懲役一年以下、自衛隊法では防衛に関する機密情報を守るように義務付けられており違反すれば懲役五年以下の罰則規定がある。

 秘密保護法案では秘密の対象を防衛や外交に限らず「国の安全保障に著しい支障を与える恐れがある情報」と秘密対象を拡大し、最高刑を懲役十年以下とし、民間人に対しても特定秘密を得るために暴行、脅迫、窃盗、施設侵入、不正アクセスなどの行為をすれば処罰の対象となる。

 この法案が成立すれば憲法で保障されている「国民の知る権利」や「国民主権」、「言論・報道の自由」を損なうことは明らかである。

 更に秘密の有効期間は五年刻みで最高三十年続き、内閣の承認があればさらに有効期間は延長され、生涯日の目をみない秘密が生まれることが懸念される。

 「取材の自由」が明記されており、報道従事者の取材活動を「正当な取材」と位置付けて、法律違反や著しく不当な取材活動を除けば処罰対象から除外しているが、判断するのは捜査当局や裁判所であるから、結局国家権力に押しつぶされる懸念がある。

 過去に言論の自由が封じ込められた暗黒の時代があったように、民主主義を根幹から破壊しかねない「秘密保護法案」には断固反対する。

 

 一般社団法人 日本地方新聞協会

代表理事 冨田正敏

大野智作品集 FREESTYLE II
大野 智 22日間100位以内 出版年月: 2015/7/24 新品: ¥ 2,000 ポイント:  60pt (3%)


コメントをどうぞ

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

記事は気に入っていただけましたか?

あなたがご利用のSNSをクリックして、この記事に対する評価、感想、「いいね」「シェア」をお願いします
何もせず続きを読む
コメントを頂きましてありがとうございました。

投稿へ書き込みはページ下のコメント欄からお願いします。(匿名OK。公開されます)

世直し掲示板への書き込みは こちら (匿名OK。公開されます)

編集部へのご連絡・情報提供は  →こちら (匿名OK。非公開です)

国際新聞社をめぐる様々な噂についてはこちら →国際新聞社について

 

Send this to a friend