防衛医大からの医者の脱出が止まらない

国立大学は独立行政法人化で効率化を進める一方、唯一残る国立大学、防衛医科大学校。この大学からの人材流出が止まらない。

futou1 意味の無い規制が強いからだ。この規制はそもそも一般自衛官のもの。医官や教官に当てはめるとかなりの不要な足かせを強いられる。

兼業禁止、他からの収集は制限、教授医師の給与は額面で40万円、若手の手取りは20万円だ。

能力の高い医師は退職を希望し、流出が止まらない。既に救急、総合診療は崩壊。

地域の医師会、救急隊からも見放された。新規治療や部外研究費の取得は学内から嫌われる。新しい仕事が増えるからだ。仕事をしない管理職。事務員。

この意味の無い大学の運営は国費税金だ。部外評価と解体、再出発が必要だ。


1 Comment
  1. 酸本 猛 says

    役人は規制をかけるのが仕事。事の善し悪しは考えていない。規制をかける役人を規制する役が必要。防衛医大救急部を護る防衛隊も必要

コメントをどうぞ

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

記事は気に入っていただけましたか?

あなたがご利用のSNSをクリックして、この記事に対する評価、感想、「いいね」「シェア」をお願いします
何もせず続きを読む
コメントを頂きましてありがとうございました。

投稿へ書き込みはページ下のコメント欄からお願いします。(匿名OK。公開されます)

世直し掲示板への書き込みは こちら (匿名OK。公開されます)

編集部へのご連絡・情報提供は  →こちら (匿名OK。非公開です)

国際新聞社をめぐる様々な噂についてはこちら →国際新聞社について

 

Send this to a friend